2016年2月24日水曜日

2016年 明治安田生命J2リーグ 順位予想


久々の更新です。完全にシーズンオフモードになっていましたがゼロックスカップが開催されて気が付けばJ1とかJ2はもう開幕直前です。シーズンオフはインフルエンザに罹って各方面にご迷惑をお掛けしたりもしましたが、そろそろ重い腰を上げる春です。ただ残念ながらまだJ3に興味持てないマンなので、毎年恒例のJ2順位予想をしたいと思います。J2オリジナル10クラブのサポーターとして約束の地、J2に戻るためにも分析しておきましょう。軽くと思ったのですが長くなっちゃいましたので、暇なときに読んで下さい。例年通り全部適当です。


【コンサドーレ札幌】
北から行きます。主力の残留に成功して「最小限の人事異動」って感じです。ブラジル人を3人と神戸からCB増川を獲得。ナザリト、前俊の放出を補う補強は出来ている。増川の補強はプラスでしょうが、ブラジル人3人が当たりかハズレかでプレーオフ圏内に届くかどうかが決まりそうな雰囲気。四方田監督の力量がイマイチ読み切れないので中の上には入りそうだけど、突き抜けるイメージはあまり感じないのが正直な印象。ブラジル人3人共が当たりで若手が小野や稲本を押し退ける成長を見せればプレーオフ圏内はありそう。


【モンテディオ山形】
プレーオフからの昇格チームは残留できないでお馴染みの1年でのJ2リターン。歴代のプレーオフ昇格チームの中では最も善戦した方じゃないでしょうか。メンバーの入れ替わりは若返り目的の印象。ディエゴから山の神・山岸までセンターラインはほぼほぼ残留していて、石崎監督も継続なので上位に絡むんじゃなかろうか。試合終了間際のCKで山岸の攻め上がりには気を付けろ!


【水戸ホーリーホック】
昨年19位と苦しんだ水戸。選手はガラッと変わった印象。萬代とロメロ・フランクが加わり、若干山形化するも兵働を大分から加えており、指針が良く分からない。水戸らしい走るサッカーにあの兵働を加えて何を表現するのでしょうか。逆に楽しみです。鹿島とのプレシーズンマッチの出来は悪くなかったけれども。去年よりは順位上げるんじゃなかろうか。


【ザスパクサツ群馬】
今年もやっぱりブラジル人3人を獲得。あぁいつものあれね、当たりだと良いですね、と思うなかれ。今年はFWに常盤を、DFに坪内と舩津を獲得。例年よりもバランスは良いのでは。まぁブラジル人次第。でも当たりだったら他に引き抜かれるので、いつもの群馬。昇格せず、降格せず。


【ジェフユナイテッド千葉】
千葉です千葉。激動の千葉。今まで散々監督の首を挿げ替えてきましたが、ずーっと結果が出ないのでもう逆に、今までやっていなかったことを逆に、逆にね、逆にやってみようモード突入です。選手を総とっかえしたに等しいほど、監督はそのままに選手を入れ替えました。しかし新しいGMが優秀な雰囲気。お金をかけずに面白い人選をしています。何よりも比嘉です比嘉。比嘉を獲得したんですよ、あの千葉が。千葉に比嘉。ジェフユナイテッド比嘉。もうね、これだけで良い。GM優秀過ぎる。千葉に足りないのは比嘉だったんです。GK岡本が比嘉にキスすれば昇格は約束されたも同然。千葉は今年昇格するんですよ。比嘉がいれば夏に中村俊輔が移籍してくる可能性まで微レ存。千葉昇格。比嘉はベンチだろうけど。


【東京ヴェルディ】
去年サプライズチームになるであろうことを当てたんです、私。自チームのJ3降格は予想外でしたけど。昨年8位とプレーオフ圏内に挑めた。主力はほぼ残留しており、取り換えたブラジル人が当たりだと上位に顔を出せるか。サッカーの内容も個人的には面白いと思うし、今年もJ2は混戦でしょうね。


【FC町田ゼルビア】
監督が選手にレポートを提出させるチームを奈落の底に落としてJ2復帰に成功した健全なクラブ。相馬監督と「魔境」町田市陸のボールが転がりにくい癖のあるピッチがJ2慣れしていない静岡方面のサッカーを打ち砕くであろうことが予想できます。ギリギリになってその静岡方面からDFカルフィン・ヨン・ア・ピンを獲得。遂に新潟に戻れた増田繁人の穴を埋めるでしょう。J2恐ろしい。がしかし、それでもアウェイでは厳しい試合が続くのではないでしょうか。残留できれば大健闘でしょう。


【横浜FC】
去年も謎だった横浜FCが今年も謎を深める。連敗して体調面で不安を抱えて辞任した監督を再登板させるという謎行動に。そこまでしてルス監督にこだわって得られる何かがあるのか。それがいったい何なのか。主力はほぼ残留した上で、徳島からFW津田、岡山からDF田所、山形からはDF西河、さらにスロベニア人の188センチのDFを獲得。戦力的には上がっています。でもやっぱりルス監督が謎。横浜FCフロントの強気は謎。不気味。


【松本山雅FC】
J1で良い感じで心廃れて戻って来て、また一つクラブもサポーターも選手も成長したであろう松本山雅勢。監督も主力もほぼ残留し、今年もオビナをターゲットにシンプルに展開すればJ2でそこそこの勝ち点は間違いなく稼げるでしょう。しかし、そのサッカーで昇格したとして、J1で生き残れますか?って言い出す輩が現れます。その意見が多数派になるような中途半端な成績が続いたら、監督替えて田坂コーチの昇格人事とか最高にJ2にどっぷり肩まで浸かるパターンになるので要注意です。良いんです、J2で勝ち点稼げれば何でも。千葉や京都みたいになるぞ!気を付けろ!


【ツエーゲン金沢】
残留大作戦に成功した新幹線の通る街、金沢。九州新幹線が避けて通る大分はJ3に降格しまして、街の、商圏のレベルの差が如実にJリーグに反映されつつあるのかなと感じます。しかし、J2は厳しいリーグです。金持ってるセレッソが金沢の大得点源、シャブじゃなくてシュート打つ方の清原を強奪。セレッソで飼い殺しされて、U-23にオーバーエイジとして送り出して我が軍がトバッチリを受ける未来が目に浮かびます。清原の代役は山形から獲得した山﨑雅人。全般的にちょっと寂しいか。苦しくなるかも。


【清水エスパルス】
遂に陥落したエスパルス。市民クラブがよくぞここまでJ1で戦い続けられたと思います。J1オリジナル10の偉業。心機一転昇格を目指して再構築するチームにはJ1昇格請負人、小林伸二監督を迎え、主力の残留にも成功して、守護神西部も戻って来ちゃったし、万全の体制を築けたのに鄭大世と角田が怪我で出遅れるアクシデント。それでも影響は少なく、戦力、監督力、実績を考慮しても昇格候補の筆頭で間違いなし。あのエスパルスがじぇじぇじぇのJ2、うちはJ3。辛いですね!


【FC岐阜】
ラモス監督3年契約の最終年。J2残留できればサポーターとしては来年明るい未来が待っているはずなので我慢の年・・・なのでしょうか。健闘してしまうと継続人事でしょうから、出来れば中途半端な結果がベストでしょう。残念なのはお金の使い方。エヴァンドロを獲得してしまうフロント。きっとシーズン開幕後に「あんなヘタクソなブラジル人見たことないヨ」って言い出すラモス監督が目に浮かぶ訳ですが、使い方を間違えなければエヴァンドロ覚醒の可能性はあると思います。昨年は可能性を感じさせるだけで終わったんだけど。でもやっぱり何か、何かをやってくれそうな雰囲気だけ出しますよね、エヴァンドロは。右サイド突破してクロス上げるだけの仕事とか、シンプルな仕事だけを要求したらイケると思うんだけども。ワントップで使うようならばラモスまじ最終年。


【京都サンガF.C.】
完全に路頭に迷ってまずレガースを着けるところから始めた京都。もう逆に、逆にね、レガース無しの方がやりやすくない?昇格しそうじゃない?という、行きつくところまで行った感じの風格漂う京都サンガ。街の規模、安定したスポンサーがありながら這い上がれないとこうなるみたいです。J2怖い。今年は正気に戻って建て直し。清水圭介がいるのに柏からGK菅野獲得。DF染谷をセレッソから、DF牟田を名古屋から獲得。補強が守備に重点を置き過ぎてる感じはする。移籍先は未定だけど大黒は放出の上に、原川、宮吉、駒井と大切に育ててきた優秀なユース出身の若手が出ていき、攻撃陣が手薄に。イ・ヨンジェ、矢島卓郎の補強で穴埋め出来るだろうか。守備陣が堅いので崩れないだろうけど攻撃力不足なら夏以降に良い補強が出来るかどうか。って書いて寝て起きたら昔浦和にいたエスクデロ・競飛王を獲得のニュース。うむ、やっぱり攻撃陣補強したか、ぬかりない。


【セレッソ大阪】
戻ってこないはずの至宝柿谷があっさりスイスから帰還。なんでやねんと叫びたい気持ちに。ブンデスリーガからは丸岡がドルトムントからレンタルバック。ついでに杉本健勇も戻ってきたのに、田代、玉田、関口と残留させた上での金沢からシャブ打ってない方の清原を獲得。さらにおかわりしてブラジル人3人を獲得。登録メンバー39人。なんでやねんと叫びたい気持ちに。攻撃陣有り余る。余った攻撃陣がU-23で調整する感じにするのだろうか。なんでやねん。


【ファジアーノ岡山】
プレーオフ圏内に絡みそうで絡まないギリギリのプレーオフ圏内争い芸を続ける岡山。ほぼ主力を残留させた上にFW赤嶺を獲得。J2全般のレベルが上がっているので頑張っているのだけれども相対的には今年もギリギリ戦力が足りない感じがする。地獄のキャンプを乗り切って、チームとしてのベースを上げられるかどうか。


【レノファ山口FC】
大混戦のJ3優勝争いを制した山口。J3得点王に輝いた岸田和人は大分ユース出身。誇らしい岸田を筆頭に主力は残留しており、サッカーの中身に迷いはないはず。昨年の金沢同様、チャンピオンチームの意地を見せてJ2残留から定着に持っていけるか。しかし、J2のレベルは異常なので他と比べるとやはり見劣りするのは確か。生き残れるか。


【カマタマーレ讃岐】
コシのあるうどんのような、粘り強い守りのサッカーでJ2残留を続ける讃岐。7年目の北野監督の長期政権。今年は大分から西弘則、水戸から馬場を獲得。CBエブソンの残留は大きい。今年は残留だけでなくもう一つ上を目指すか。


【徳島ヴォルティス】
津田、キム・ジョンミンを放出。しかし北九州から渡大生、大宮からカルリーニョスを獲得。スタメンレベルでは戦力ダウンは無いものの、若い選手が増えて選手層が若干薄くなった感じも。即戦力で戦いつつしばらく若手を育成する方針か。監督はヘッドコーチから昇格した長島裕明。今年は我慢かなぁ。我慢の育成年なのかなぁ。


【愛媛FC】
昨年5位と大躍進に成功した木山愛媛。木山監督の手腕は本物でした。主力はほぼ残留。補強は栃木にレンタルされていた浦和FW阪野をレンタルで獲得。岐阜から深谷を完全移籍で獲得。全般的に選手層が物理的に薄くなっている。やはり資金面は厳しいのか?怪我人が少しでも出ると昨年のような飛躍は難しいかも。


【ギラヴァンツ北九州】
昨年7位と惜しくもプレーオフ圏内を逃した北九州。ここ数年安定した結果を残している。柱谷幸一監督を中心に中期計画が正しく機能していることの証左。そう、全ては来年完成予定の新スタジアムを手に入れて悲願のJ1昇格の権利を手に入れるため。高いモチベーションと的確な選手補強。池元の復帰、伝説のキッカー石神、眉毛が刀のような刀根、地元出身の英雄本山を獲得。本気が伝わる。今年昇格せずにいつ昇格するんだ。ぶちくらせ北九州。J1昇格しちゃうと新スタジアム目当てに大分県の北部地方の客を奪い取られる脅威。しかし我々J3。指を咥えて見てるしかない!辛いですね!


【V・ファーレン長崎】
昨年6位とプレーオフ進出に成功した高木長崎。かなり選手の入れ替わりがあるものの、質実剛健、面白い補強を敢行。永井龍、田中輝希と我々が借りるのがやっとだった選手を完全移籍で獲得。上本大海も九州へ帰還。養父の獲得も大きい。ブラジル人FWも1人いて戦力的には昨年よりも揃っているのでは。高木監督がどう料理するか。チーム作りに時間がかかるようであれば今年のJ2では出遅れるか。


【ロアッソ熊本】
小野監督がストンピング退任でヘッドコーチから清川監督が昇格就任。ほぼほぼ戦力は維持したものの、相対的に、周りが異常なので上位進出するほどの戦力では無いように見えてしまう。新監督の手腕が問われる。意外と一番大きい戦力ダウンは北嶋秀朗コーチが新潟に行ってしまったことなんじゃなかろうか。もしもユースの監督に・・・と思うと熊本の未来が面白いものになりそうな期待感はあったのだけれども。残念。


ということで、以上を踏まえて。順位予想。行ってみましょう。もう面倒なのでプレーオフ圏内までだけやっておきましょう。


1位 ジェフユナイテッド千葉
2位 ギラヴァンツ北九州
3位 セレッソ大阪
4位 清水エスパルス
5位 松本山雅FC
6位 京都サンガF.C.


昇格は完成度の高いサッカーと、大きなうねりを生み出せる勢いが必要だと思うのです。ジェフは思い切った選手の入れ替え&比嘉、北九州は新スタジアム。自動昇格はこの2チームを推したい。それ以外はもう十分すぎる戦力を保持するチームが多すぎて予測不能。サプライズチームが出てくる余地さえ無い気がする。プレーオフ圏内と第三の昇格チームの予測は難しい。ギラヴァンツ北九州が6位以内に入ってプレーオフを制しそうな気もする。


今年、特徴的なのはコーチ人事だと思います。特に松本山雅の田坂コーチ、北九州の美濃部コーチ、清水の阪倉コーチなど。J2監督経験者をコーチに招聘するレベルに達しています。J2の戦術的分析レベルが重要になっていて、監督一人ではカバー出来ない物量になっているのかもしれません。その能力が順位に反映するのか、監督とコーチが仲違いして空中分解するのか、そこも見どころの今年のJ2です。全般的に化け物っぽいブラジル人が中国に行くようになっていて、充てに出来なくなってきている傾向も感じます。どこが当たりを引くのか。


あぁ楽しみですねJ2の開幕。我々J3ですけど。辛いですね!



2 件のコメント:

  1. カイメングリーン2016年2月25日 22:09

    J2のカテゴリーはここ近年、本当に面白くなりましたよね。今年はここに大分がいないことに物足りなさを感じますが…。

    各クラブの分析、とても興味深く拝見しました。
    柱谷ギラは同感です。
    その北九に加えての反町、小林、石崎の昇格請負三羽烏に、監督選びで本命を逃したセレッソと京都等の勝ち残りのサバイバルマッチを楽しみにしています。
    千葉は?…本当にギャンブルですので、戦力が揃っていても確実性が皆無でしょう。
    個人的には大穴とも思えず…穴と言っても、番狂わせの穴の方ではなく、大きな落とし穴の方になりそうな気がしています。

    穴だと思えるのはファジとかレノファの方ですかねぇ。

    まぁ、J2の今年一年も楽しみながら、大分がぶっちぎりでまたこのカテゴリーに帰ってくることも期待しています。

    返信削除
    返信
    1. カイメングリーン様

      コメントありがとうございます。不死身の怪人さんですね。しかし本当にJ2も面白いですよねぇ・・・。千葉ダメでしょうかね、でも私は比嘉さんならやってくれると思うんですよ。是非、比嘉さんに注目して下さい。我々は少しづつ這い上がりますので少々お待ちを。

      削除