2016年3月13日日曜日

2016年 明治安田生命J3リーグ 第1節 長野戦

【大分 1 - 0 長野】

ようやく開幕しました2016年J3。J3です、J3。3部リーグです。J3からの第3章。さすがに私も例年になくトリニータに対する興味が削がれており、開幕するまでブログを更新するモチベーションも無く、今さらながら昨年の結果に怒りがこみ上げまくりなのですが、2016年シーズンも開幕したので現実を受け入れて淡々とやっていきましょう。シーズン明けましておめでとうございます。


開幕からの2試合はスカパー!さんが生中継してくれるという最初だけのボーナス特典。たぶんもうシーズン終盤まで無いと思われます。スカパー!さんの英断に感謝しながらテレビ観戦していました。J3界隈では注目度の高い長野パルセイロとの一戦。何はともあれスタメンです、スタメン。アウェイ民には謎に包まれた2016年トリニータの開幕スタメン。



伊佐の怪我、前日に左サイドバックでキャプテンの山岸が違和感を訴えて離脱中。高松とかパウリーニョとかはどうなのかは知らん。その中でスタメンに選ばれた片野坂体制の方向性を示す面子。オーソドックスな4-4-2だったと思われる内訳はFWがツートップで群馬からのレンタル大津は187センチの上背がありポスト役。20歳。若い。一方のFW吉平翼はチェイシングで動き回りハードワークするタイプ。


MFは松本怜、岐阜からレンタルの清本との両サイドに、群馬から完全移籍で獲得した黄 誠秀とこの試合のキャプテンを務めた松本昌也のドイスボランチ。CBは昨年からの安心と信頼の実績を誇るダニエルと鈴木。山岸の代わりに入った山口、そして県北民のニューヒーローUSA出身の岩田が右サイドバックでスタメンデビュー。GKは上福元。


全般的に選手のキャラクターを活かした面白い組み合わせだったと思います。山岸の不在で左サイドは若干連携不足があったかもしれませんが、右サイドの連携面は良かった。左サイドは松本怜のスピード突破、右サイドでは清本のドリブル突破。ツートップの組み合わせ的にも分かりやすいし、ドイスボランチも昌也が攻撃で前に出れば黄が引く、みたいな感じ。それぞれのキャラクターが活きている感覚が伝わってきました。選手達の高いモチベーションも感じられました。


対するAC長野パルセイロ。J3ではトップクラスの「基盤」があるクラブ。毎年昇格争いに絡んでいたものの、今年は新監督が就任し、選手の顔ぶれも変わったこともあってチームを作り直した印象。夛田とか阪田とか荒田とか知ってる顔が多く、J2寄りの選手レベルが揃っている戦力。特に背番号11番がヤバい。どう見ても兵馬俑。普通FWに与える番号をなぜかゴリゴリした見てくれの男に与えて、3バックに配置していた。どうみても阪田。超絶新しい解釈のFWなのかもしれない。阪田がもしかしてFWとして大活躍恩返し弾を決めるのかと思いきや、前半の長野の出来は予想を下回りました。


前半に試合を支配したのは新生片野坂トリニータ。球際ねちっこくなっており、奪っては前線に送り、CKを獲得して得点できず、を繰り返す。CKでは長野の守備がおろそかになっていて、修正される前に決めたかった。キッカーは昌也でしたが、何本かもったいないのがあった。明らかに長野の守備がうまくいっていない時間帯だったので決めたかった。個人的に特に印象に残ったのは清本。球際の強さと思い切りの良さ。後は吉平翼。あの惜しくもバーに弾かれたスーパーなシュートが入っていたら・・・。おじさん悶絶していたと思います。


後半、長野は途中から東浩史を投入して息を吹き返す。トリニータも吉平翼を下げて後藤を投入、清本を下げて世界の坂井を投入し、両者1点を決めに行く。決勝点を決めたのはスタメンを奪った後輩に意地を見せた後藤。山口のクロスを上手に頭で合わせて1点をもぎ取る。これが決勝点となって片野坂トリニータが初陣を飾りました。開幕戦がホームで、しかも勝利するなんて記憶に無い。そもそも勝利そのものが久々過ぎるんだけど。


たかが開幕戦されど開幕戦と毎年書いてますが、今日の勝利の意味合いは非常に大きいと感じました。片野坂体制の初陣を勝利で飾っただけでなく、昇格ライバル候補の長野の出鼻を挫き、昨年から勝てずじまいだったチームに自信をもたらし、若手の台頭とチーム内の競争を促し、何よりもカテゴリを落としても変わらずシーズンパスを買い、スタジアムに行ってしまう依存症の人々に勝利の快感という強いクスリを再注入できたことが良かったのではないでしょうか。山岸が戻ったら?他のメンバーならどうなるか?このチームをもう少し観てみたいと思わせる内容でした。伸びしろも感じますし、まだまだ試行錯誤はあるでしょうが期待は出来そうです。


J3はスカパー!で生中継が無くなってからが本番だと思うのですが、スタジアムに行かなければ観戦が出来ないという、ある意味でプレミアム感があるプレミアムリーグなので行かざるを得ないんだけど、近所での試合が少ないんだなぁ・・・これが。J3のアウェイ観戦記は夏までには書けるんじゃないでしょうか。ということで今シーズンも適当にやりますんでよろしくお願い致します。

8 件のコメント:

  1. そんなハカイダーさんに吉報です。
    なんと次の鹿児島戦も生放送があるのでブログ書けますね。

    返信削除
    返信
    1. たかち様

      コメントありがとうございます。初勝利おめでとうございました。もちろん知ってますよ!でもたぶん仕事で録画でしか観れないんですけどね。ブログは書きます、えぇ書きますとも。

      削除
  2. fukaさまさま2016年3月14日 1:26

    ハカイダー様 いつも痛快な文章、楽しみに拝読しております。阪田は勝手に鍾馗様をイメージしておりましたが、兵馬俑とは、なるほど納得です、お見事!

    返信削除
    返信
    1. fukaさまさま様

      コメントありがとうございます。阪田は元気そうでしたね。FW転向かと思われましたがDFのままでしたし、長野でも活躍するんでしょうし、愛されるでしょう。アウェイでの再会が楽しみです。

      削除
  3. ハカイダー様、本当に本当に久々の勝利を見せてもらいました🎵

    バー弾かれの2本はスタジアム全体が悶絶してました~(*´∀`)

    それにしても9000人超ですからね~
    スタジアムが揺れるってのはこの事だなって感じました
    あっ、鳥脳さまにも年始(?)の挨拶ができましたので今年こそはハカイダー様に挨拶を~(*´∀`)

    返信削除
    返信
    1. 自転車最高様

      コメントありがとうございます。応援お疲れ様でした。絶好のスタートが切れて良かったですね。本当に勝てて良かったですね。鳥脳さんに出会われたのですね、阿部寛には似てないのによくお分かりになりましたね。私のことはそっとしておいて頂けると助かります。ひっそりと生きていきます。

      削除
  4. 怜out坂井inのとこ清本outですね。

    返信削除
    返信
    1. 匿名様

      コメントありがとうございます。修正しておきます。助かります、ありがとうございました。

      削除