2016年3月25日金曜日

2016年 明治安田生命J3リーグ 第2節 鹿児島戦

【鹿児島 0 - 1 大分】



お仕事が忙しい関係で、せっかくスカパー!さんが生中継してくれたのにライブ観戦できませんでした。せめて結果を知らない状況で録画を観ようと思ったのですが、トリモバのメールをチラ見してしまい、勝利に感づいてしまってですね・・・。松本怜のゴールまで見届ける→寝てしまうを繰り返してようやくのブログ更新です。はい。結果を知ってしまうと集中力が続かずダメですね。第3節からはこの短いダイジェスト動画だけを頼りにブログを書くしかないのかと思うと辛いものがあります。観た試合だけ書こうかしら。手探りが始まります。


しかし開幕戦を勝利で飾って気持ち良くなったとしてもですね、あんなに沢山の人が鹿児島まで行きますかねしかし。鹿児島羨ましかったですね。数少ない九州で未踏の地のままです。火山灰を浴びてみたかった。


第2節の先発陣はFWとボランチのみを入れ替えました。後藤は得点しましたし、鹿児島出身ですし、先発なのは理解できるのですが黄に変えて千明は意外でした。千明聖典。ありがたい経典のような、お坊さんのような神々しい氏名です。



対する鹿児島ユナイテッドFCはヴォルカ鹿児島とFC KAGOSHIMAが連合して発足したクラブ。JR東日本と古河がユナイテッドしてJEFになったよりもユナイテッド感あるクラブです。前節で富山と引き分けていましたが、その実力を持つことは理解できるチームでした。元日本代表の浅野監督が作ったチームはとにかくプレッシャーが速い。試合を観て、あぁJ3も楽な試合は無いな・・・と率直な印象を持ちました。足の速い選手が多くなかったですかね。


キックオフからペースを握ったのは鹿児島だったと思います。危うくゴールを割られる状況もありましたし、鹿児島のプレスに慣れるまでに時間が必要でした。ゴールシーンの起点は有り難い経典こと千明の縦パスでした。後藤が潰れて、前線が連動し、松本怜の素晴らしいドリブルとシュートでゴールを生み出しましたが、ハイプレスの攻撃面で千明をチョイスして、先制してから黄というプランだったとしたら完璧なプランでした。


終盤まで追加点を奪えなかったのは課題ではありますし、J3の各クラブのレベルも侮れないので不安はありますが、今の時点で結果が出るのは良いことです。今はとにかく勝てば良かろうなのだ。これから連動の質は上がっていくでしょう。ここ数年の得点力不足はまだ改善の最適解が見つかっていませんが、それでも勝ち点を得た2試合だったので十分でしょう。


開幕前にジャッジのレベルを不安視していたのですがJ3の試合を2試合観戦して、J2と大差無い印象を持ちました。むしろ若い野心のあるレフェリー達の方がしっかりしている気も。10年後にはJ3も恐ろしいリーグになるんだろうな・・・。ということでまた第3節までお仕事に勤しむ生活に戻ります。とにかく勝ってるから良いんです。

0 件のコメント:

コメントを投稿