2016年4月4日月曜日

2016年 明治安田生命J3リーグ 第3節 鳥取戦

【大分 2 - 1 鳥取】



3連勝です、3連勝。開幕3連勝。J3第3節で3連勝。3分に三平が決めて3連勝。3が揃い過ぎていて、このままJ3から抜け出せなくなる気もしますが、ひとまず単独首位浮上です。まだ3試合ではありますが長野と鳥取をホームで倒せて絶好のスタート。2試合やって1週だけ空いたので勢いが止められた感じもありましたが間違いない。2016年良いスタート!


中継が無い関係上、試合映像を観ていないのでね、ふんわりと書きますけれどもね、詳細なレポートはきっとホームに通っているブロガーさん達が書きまくってくれるはず(脅迫)なのでね、ふんわり書きますよ。手探りですよ。J3ハイライトの動画も当日中にはアップロードされないのな。困るな。



まずスタメン、3のつくFW三平がスタメンに復帰しました。並びはね、適当に並べましたがたぶん、こんな感じでしょう。間違っていても目くじら立てて怒るような人はこんなブログを読んでいる訳がありません(脅迫)。その他は2節と変化なし。三平が万全であれば、収まるタイプのFWとして大津誰かというツートップにバリエーションが出せると思います。大津の代わりに三平であれば、三平&後藤とか三平&翼とか。いずれにしろFWのスタメン争い激化ですね。ボランチは今日も前俊似の千明でした。


対する鳥取。黒津とフェルナンジーニョという、野人岡野GMが素手で捕まえたカニを売って手に入れたFW陣は豪華。さらに前俊まで加えて前線が非常に面白そうなのに、監督が闘将柱谷なのが唯一の残念なところ。走らない前俊を使ってくれるはずがない。後半少し出たみたいだけれども、どうだったのでしょうか、前俊。カニ食べ過ぎで太ってなければいいけど。鳥取の前俊。想像できない。でも砂丘は似合いそう。ターバンと砂丘が似合いそう。ガイナマンは元気だろうか。


試合は三平のゴールで先制後にフェルナンジーニョに決められて今季初失点。なぜに卒業生達はゴールを決めるのか。決勝弾を決めた清本。1試合複数得点ということと、追いつかれても突き放せたという本当の強さが垣間見える結果が素晴らしい。このままの勢いのまま勝ち癖をつけて突き進んで欲しいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿