2016年4月26日火曜日

2016年 明治安田生命J3リーグ 第6節 G大阪U-23戦

【ガンバ大阪U-23 2 - 2 大分】



熊本が、九州が大きな、そしてしつこい地震に襲われて九州在住の皆様は疲弊しておられないでしょうか。熊本では大変なことになっていますが、故郷大分も揺れまくっていて不安が募りました。自然災害の前には無力さを感じます。首都圏直下地震だっていつ来るのか分かったものではありません。そんな中で特に余震が続いた九州では選手達もコンディションを整えたり、試合に向けて集中したりするのが難しい試合だったと思います。1試合のホームでの試合中断を経ての第6節でした。


沖縄には行けた癖に、残念ながら大阪へは仕事の関係で観戦には行けませんでした。吹田方面には本当に縁がありません。新しいスタジアムでの開催であれば是非とも行きたいと思っていたのですが、今回は諸々叶わず。ということで、ダイジェスト動画しか観てない例の手探りの感じです。ボランチを誰にするのか、予想通りの人選となりました。しかし、意外にも後藤もスタメンに名を連ねていました。



たぶん、こんな感じだったのではと予想してみました。予想です。手探りです。姫野のボランチはFC琉球戦から考えれば妥当。ミドルシュート惜しかった。もしかしてダニエルボランチがあり得るかもと、考えたのですがオーソドックスな人選でした。


対するガンバ大阪U-23。このJ1のU-23系のチームに負けてしまったらどんな顔していいのだか分からない複雑な心境だったのですが、二川選手などが試合に出ていたりしていたので侮れない相手だとは思っていました。今回二川選手は出場しませんでしたが、そんな相手にアウェイで引き分けという結果はちょっと寂しい。しかし、地震関連までを考慮するならば負けなかったことは受け入れやすい結果ではないでしょうか。試合観てないですけど。


得点シーンは大津やりおった、という感じとどこがPKだったのかよく分からないけれども後藤がバースデーゴール決めて良かったねという感じ。失点シーンはバイタルの一つ前のスペースがズンドコベロンチョって感じと、ロングボールに人が重なるって何なのっていう感じ。特に琉球にもミドルシュート打ちまくられていたあの、バイタルの前のスペースが空く感じっていうのでしょうか、CBとボランチの連携がよろしくない印象を受ける失点シーンでした。改善の兆しは無かったのでしょうか。不安です。高さには強いけどスピードに弱いCBってことがバレた気がしています。ロングボールも処理を見誤ってましたんで守備陣頑張ってとしか言えません。


大津が前半に傷んで交代したのはFWが足りないチーム状況としては痛い。三平も怪我の発表がありましたし、困りました。しかし揺れる大地の恐怖に比べれば大したことではありません。このまま落ち着いてもらって、平穏な週末が戻ってきて欲しいものです。大きな地震や観れない試合、終わらない出張など、ブログを書くには難しすぎる週末でした。平穏な週末が待ち遠しい。

0 件のコメント:

コメントを投稿