2016年5月22日日曜日

2016年 明治安田生命J3リーグ 第10節 C大阪U-23戦

【C大阪U-23 2 - 1 大分】

スカパー!生中継に甘えて自宅生観戦しました。現地で試合を観るよりもスカパー!生中継の方がレアというJ3。生中継最高。結果は最低。U-23系チームに敗北したらどんな顔すればいいのか開幕前から恐れていた事案ではありましたが、実際敗れてみると無表情にしかなりませんでした。無です、無。溜息さえ出ない。



スタメンは前節に負傷した後藤に替わって大津が先発。2トップは前線で奮闘していました。しかし怪我人が多い苦しい状況です。清本も不安があったらしく後半早々に姫野と交代。姫野がボランチで昌也がサイドになるという状態でした。


試合全般的にボールを運べるようになったという印象を持ったんです。テレビで観ると分かりやすくて良い。吉平翼はプレッシャーをかけ、奪ったボールを受ける大津は溜めを作り、ボールを前に運ぶという部分に関しては感銘を受けました。後半に入って間もない時間帯にC大阪U-23のハイプレッシャーに嵌った時間帯はありましたがそれでも全般的には良い感じ。負け試合の内容では無かった。セットプレーも色々なパターンがあったし、シーズン3分の1を消化して形が見えた感じはするんだけれども・・・。チャンスに・・・・・決めきれない・・・・。


失点はどちらも残念。1失点目は主審とC大阪側ベンチとのよく分からない2回目のやりとりの直後で、2失点目は若干痛めたダニエルの無理が効かなかった。最後に高松が元気だったことが確認できたことだけが収穫だったでしょうか。ワンチャンスで決める高松をフルタイム労働させたい気もしますが、我々は育てながら勝つんで困った時だけのシフト勤務でも十分な戦力です。伊佐も感覚がだいぶ戻ったんじゃなかろうか。


自動昇格は首位しか許されないJ3において、序盤にして負けが多く、引き分けにも持ち込めないのは残念で仕方ない。まだ3分の2残っていますが、今のところまだ期待できそうな手ごたえがありません。しかしですね、J3は8月に1か月間夏休み期間があるので、その夏休み期間に怪我人が戻れば最後の10試合で巻き返しはある程度は可能だと思います。首位を走る秋田とはまだ戦っていないし。あとは他のチームの状況など色々あると思うのですが、とにかく次の10試合でどれだけ勝ち点を積めるか、粘れるか。未消化の1試合も含めて、次の11試合で踏ん張れないと無表情のままシーズンを終える形になってしまいそうです。せめて引き分けを増やしたい。勝負強さが欲しい。踏ん張って欲しい。

0 件のコメント:

コメントを投稿