2016年8月21日日曜日

J3残り10試合


天皇杯は安心と信頼の地元の人達に任せておいてですね、中断明け後の10試合について落ち着いて考えてみましょう。中止になった試合が全て消化されて全チームが20試合を終えた状態。順位表の確認から。現在第3位の大分トリニータ。



2位以内をターゲットに考えると相模原あたりまでチャンスはありそう。トリニータよりも上位2チームについて、栃木との対戦は残念な結果で終わってしまいましたが鹿児島との直接対決は未消化。自力でのプレーオフ出場からJ2昇格と他力本願でのJ3優勝での自動昇格との2パターンの可能性は残っています。大分トリニータの残り10試合の予定を見てみましょう。



注目は第23節からの3試合。上位直接対決3連戦。アウェイでの富山、ホームでの鹿児島、再びアウェイでの長野という、今シーズンの本当の山場がここにくっきりと現れて見えるのです。本当の踏ん張りどころはこの3試合。この3試合を山場にするためには中断明け後の2試合がとても重要になるわけです。この2試合を乗り越えなければくっりきと現れている山場がうっすらとした禿山に変わってしまいます。


対戦相手の相模原ですが、予想外の監督交代に踏み切りました。薩川監督が退任してフロントに人事異動。新監督には安永聡太郎を抜擢。個人的には現役時代はエスパルスのイメージが濃く、解説になってからは理路整然と良くしゃべる人だなっていう印象の人。中断期間にテコ入れを行いました。どっちに転んでも緒戦が我々なのでやりにくいことになりそうです。町田がJ2なら相模原だって、ということなのでしょうか?まだまだやる気満々の相模原。


中断明け後の5試合。これが重要。残り5試合は取りこぼしがなければ何とかなりそう。ここまで取りこぼしまくりだから3位なんですけどね。補強と戦術完成度によって向上してますから、そこは。期待しましょう、そこは。気になる栃木の残り10試合も見てみましょう。



我々よりも厳しい相手を残しているような気もする。相模原は我々とやった直後ですね、これ。安永聡太郎監督には1試合目は緊張してもらって、2試合目から本領発揮してもらいたい。栃木はまだ沖縄に行ってないんですね。沖縄での疲労を抱えて欲しかったんですが、沖縄戦後にまた1週間の中断があるので不幸中の幸い。栃木は守備のチームなので崩れないでしょうけれども、ロボの再起動が確認できていないので得点力の部分が改善されなければ引き分けが増える可能性もありますからね、まだまだ分かりません。鹿児島の残り試合も。



鹿児島の最終節の相手が長野。29節、栃木のホーム最終節も長野。長野は最後の2試合が栃木と鹿児島という組み合わせ。長野の踏ん張り次第では最後の最後までもつれる可能性も。富山、長野、相模原この3チームが鍵になりそうな終盤戦です。秋田と藤枝が次点という感じでしょうか。琉球が持ち直してくれると更に荒れるんだろうけれども。こうやって見てみると対戦が終わった藤枝あたりになぜか秘密兵器のままのパウリーニョを格安でレンタルしても良かったんではなかろうか。刺客として送り込めば面白かったかも。


各チームの残り10試合を確認してみると中断明けの相模原戦に俄然面白みが増すわけです。若い新監督を迎えて相模原がどう出るのか。鬼門のアウェイで結果を出せるのか。ホームに戻ってC大阪U-23も連破して山場を迎えることができるのか。中断明けが楽しみです。

2 件のコメント:

  1. 中津トリサポ2016年8月29日 7:01

    こんにちは
    もうすぐで8月が終わりますね
    ところで
    天皇杯甲府戦は行かれるのですか?

    返信削除
    返信
    1. 中津トリサポ様

      コメントありがとうございます。夏も終わりですね。天皇杯甲府戦は行きたいですが、私大体その日朝起きて決めるタイプの人間ですので、いるかもしれないしいないかもしれません。そんな感じです。

      削除