2016年9月22日木曜日

2016年 天皇杯3回戦 清水戦

【大分 0 - 1 清水】

エア観戦ブロガーです。天皇杯はスカパー!で観ました。映像で観れる方がレアというJ3勢にとって天皇杯生中継は得した気分。ターンオーバーで日頃出番の無い、くすぶっている若手がやってくれるんじゃないかと期待して観ていましたが90分戦っての負け、という結果に終わりました。連戦の中、無駄に疲弊することが無かったことが不幸中の幸いではあります。



スタメンはリーグ戦とはがらりと顔ぶれ変わってターンオーバー。ターノバー。ついネイティブの発音が出てしまうUSA神宮で洗礼を受けた(※お宮参り)生粋の県北民なのですが、フォーメーションはいつもの4-4-2で、右のサイドバックが黄、左が若い方の山口。センターバックが若くない方の山口とダニエルでした。ボランチが坂井と千明。右サイドがドンウク、左サイドがレイチェル、2トップが翼と伊佐という布陣。


対する清水。週末に松本山雅との上位陣直接対決を控えるも、10番の大前が先発。怪我から復帰したてということもあり、試合勘を戻すためにも起用されたか。大前がいるだけで途端にJ1っぽさがにじみ出るんですが、なぜか今J2にいる清水。我々もなぜかJ3にいるのでお互いそこはそっとしておきましょう。


雨というコンディションの中、全般に攻撃面では物足りなさはあったものの守備ではダニエルがしっかりしてくれていたのでゲームとしては形にはなった前半。清水もJ3相手にドン引きして守ったりしない王国のクラブなので甲府戦に比べてアグレッシブな試合でした。特に山形時代の天然パーマ坊主のイメージしかなかったキムボムヨンが髪を伸ばして金髪になっていてアグレッシブ。夏休み明けに急にヤンキーになった子状態でアグレッシブ。


後半立ち上がりから清水は攻勢に出てきました。高い位置でボールをキープされて苦しい展開なのに若い方の山口のプレーが安定せず危うい。後半になって攻撃は良くなった若い方の山口。時折発動する我が軍のカウンターは清水の本田拓也が止める。そんな中CKのこぼれ球を犬飼に決められて失点。昇格請負人の小林伸二監督のハーフタイムの指示で一変。長谷川悠がサイドに開いてサイドに人数をかけ、セカンドボールが拾えなくなり我が軍が防戦一方になった時間帯にきっちりと先制に成功した清水でした。


辛抱強くカウンターを中心に攻撃を組み立てはしたものの、清水の守備陣を破れるほどの連携力は無く、攻撃は噛み合わない場面やら凡ミスやらが多かった印象。物足りなかった。結局得点できずにタイムアップとなりはしましたが、キリノが戦線復帰出来ましたし、佐藤昂洋と江頭が公式戦に出場できました。次世代の選手が1歩を踏み出せたことは収穫。


ということで今年も天皇杯を掲げることはならず。週末のリーグ戦に切り替えて集中です。富山戦です、富山戦。ターノバーです。連戦でも疲労の無い選手を中心に上位にプレッシャーをかけ、下位との勝ち点差を離す山場の3連戦緒戦。ようやく山場に足を踏み入れる。ヒリヒリする週末がやってくる。


4 件のコメント:

  1. 神戸愛大分愛。2016年9月22日 23:01

    やっぱりお速いですね。
    今日は多分エアでは無いからまだアップされないと踏んでいたのですが・・・参りました。
    もちろん、私もこれから書きますが。
    ただ。
    後続部隊のプレッシャーを減らす意味でも、できればもう少しゆっくりアップしてください・・・。
    以上、遅筆な人のお願いでした。

    返信削除
    返信
    1. 神戸愛大分愛。様

      コメントありがとうございます。天皇杯をいち早く終わらせて切り替えましょう。ターノバーです。早い更新が良いとは思いませんよ。細く長く続けることをモットーにしてます。各々マイペースで長くやりましょう、長く。

      削除
  2. 中津トリサポ2016年9月23日 17:40

    こんにちは雨のなかお疲れ様です
    私もスカパー!で観てました
    しかしカウンターで敵陣地に行ってもパスが通らないひどかったですね
    でも私としては江頭選手、佐藤選手などを観れて良かったです
    次はリーグに戻り富山戦負けられない闘いがここにある!。

    返信削除
    返信
    1. 中津トリサポ様

      コメントありがとうございます。試合に出ていない選手たちの連携はイマイチでしたかま、若い選手は伸びしろが楽しみですね。富山戦は引き分けでしたが次の九州ダービーも負けられません。頑張りましょう。

      削除