2016年12月5日月曜日

2016年 明治安田生命J2リーグの結果

2016年のJリーグ終了。J1昇格プレーオフではC大阪が勝ち抜け、J2J3入れ替え戦では金沢が栃木を寄せ付けずにJ2に残留。来季はJ1から名古屋、湘南、福岡が降格し、J2からは札幌、清水、C大阪が昇格。北九州がJ3へ降格し、J3からは我が大分トリニータが昇格という結果となりました。J2順位表を観てみましょう。



若干ぼんやりしていますが小さいことはいいんです。シーズン開幕前にJ2順位予想をしていまして、この結果を知ったうえで読み返すと当たってたり外れていたりしていますが、昇格予想は完全に外しました。千葉と北九州の自動昇格を予想したのですが真逆の結果に。予想の才能が無さすぎる。北九州がJ3降格とは完全に予想外。まぁ昇格予想を順当にしても面白くないのでお遊びではあるのですが、金沢、岐阜あたりの感触はすこぶる当たっているような気がしています。


しかし勝ち点85を稼いで優勝をかっさらった札幌は全くもって予想外。外国人が当たった。都倉、ジュリーニョ、内村がそれぞれ2桁得点している攻撃陣と堅守で優勝をもぎ取りました。終盤若干失速したような印象でしたが、清水と松本山雅が猛追していただけ。とんでもない2位と3位でした。特に清水は昇格請負人小林伸二監督と26得点をした鄭大世を筆頭に圧倒的な得点力で猛追。J2の泥沼に浸かることなく1年での復帰となりました。逆に同じく勝ち点84を獲得したにも関わらずプレーオフで岡山に敗れてJ2残留となった松本山雅。J2恐ろしい。プレーオフで勝ち上がったC大阪もそもそもプレーオフに回ってるのがおかしい戦力だしJ2恐ろしい。


そんなJ2に黒船ならぬ黒鯱がJ1から落ちてきたんだから更に恐ろしい。名古屋がJ2に落ちる時代。トヨタとダイハツ九州が戦って許されるのか。子会社の子会社やぞ。湘南も福岡も監督を続投させて1年でのJ1復帰を目論む。一方J1経験クラブも巻き返しを図る。山形に木山監督、千葉にエスナイデル監督が就任。来年のJ2も超激戦が予想されます。そんなJ2に戻って若手がビシビシ鍛えられる2017年が楽しみでもあり、恐ろしくもあり。恍惚と不安共にありってやつです。来年の陣容に手は抜けないので契約更新は頑張って欲しいものです。


2 件のコメント:

  1. J2恐るべしですね(*`・ω・)ゞ

    契約に全力を…………
    来年、若手がこのリーグで揉まれてさらに成長してもらいたいですね。
    来年も遠征しますよ~(*´∀`)

    返信削除
    返信
    1. 自転車最高様

      コメントありがとうございます。なかなか契約関係が進みませんが、全日程を終了したのでこれからですかね、待ちましょう。来年が楽しみですね、九州のクラブも多いですし、山口とは初対戦ですし、来年が待ち遠しく感じます。

      削除