2017年3月5日日曜日

2017年 明治安田生命J2リーグ 第2節 東京V戦

【東京V 1 - 0 大分】



アウェイで2連勝してホーム開幕戦に弾みをつけるブログを書きたい人生でした。大分トリニータ復活の狼煙は割とすぐに涙雨のせいか薄まりまして目視できなくなり、現実的な週末が戻ってきました。全勝優勝の可能性潰える。今年も個人的生観戦開幕からあっさり負け試合と出会い、またお前かと言わざるを得ません。



久々にメジャーなスタジアムに行った気がします。J2界隈では観客の多い方とは言えないまでも、昨年のJ3界隈に比べるとやはり格別。今日はバックスタンドで観戦したのですが、チケット費用も格別。J2に戻ってきました。公共交通機関だけで辿り着けるスタジアムは最高だ。







東京Vサポーターは昔と変わらず地道に頑張っていますが、なかなか動員的には劇的には改善しない状況が続いているようです。開幕戦といえども6000人に届かず。新規開拓って本当に難しい。何をどうすれば増えるのか。今日の動員で大分側も貢献。うちのニータン投入効果で2000人は増員されていたはず。



東京Vはユニフォームと背番号を個人に販売するという面白い試みを行っていて、選手紹介同様にスタジアム内で紹介があり、お金を持っているであろう中年男性だらけの中に、ペットの犬も入っていてほっこり。若干犬だとジェフっぽさ出る気もするけど。企画としては秀逸。





今日のスタメンは前節と変わらず。期待感は強かった。





前半の不出来が全て。もう全然ダメでした。試合の入り自体は問題なかったように見えたのですが、前節と打って変わって落ち着かず、じわじわと東京Vが前に出てくる展開となってしまいました。その中で堪え切れずに失点してしまうという目も当てられない状況。前節まではあんなに楽しかった試合も、今日は飛んできたオスプレイに目を奪われるレベル。わー、オスプレイカッコいい。色々あるかもしれんけど男心くすぐるデザイン。垂直離陸は男のロマン。・・・とにかく、それくらい内容が薄まりました。ほぼまともなシュートは無かった。唯一の小手川のミドルシュートも後藤がブロックしてしまうという体たらく。ミスの多いプレーよりオスプレイ。



開幕戦がピークだったんじゃないか、もうトリニータはここから負けっぱなしになるんじゃないのか、そんな不安が頭をよぎるほどの出来でしたが後半に持ち直してくれたのでやはり今年のトリニータには可能性があるんだと思います。まだ2試合、不安定ですけど。開幕戦張り切り過ぎたかもしれません。毎試合張り切り過ぎてくれて構わんのだけれども。



今日の後半の様な戦い方が出来るのであれば、少なくとも勝ち点1を持ち帰らなければならない試合でした。東京Vの監督はエスパニョール風味なんだけどそんなに上手くもないブラジル人2人が厄介という多国籍軍でしたが、そこまで強烈な力の差を感じることも無かったんです。前節負けている東京V側がかなり改善している印象は持ちましたが、J2を抜け出すほどの強さはまだ感じなかった。もったいないと感じられるということはJ2で間違いなく戦えているということ。前半の不出来は最終ラインが低すぎたとか、パスミスが多いとかもろもろの事象が重なっていたと思うのですが、一つ一つ改善してホーム開幕戦を迎えて欲しい。一度整理してくれればきっとやってくれると思います。今年のチームは。ホーム開幕戦に期待しましょう。



2 件のコメント:

  1. 中津トリサポ2017年3月6日 20:11

    おつかめさまです
    残念ながら負けてしまいましたね。
    後半はペースを掴めたのですが、、
    次はホーム開幕戦です。
    やっと来たホーム開幕戦、絶対に勝ちましょう。

    返信削除
    返信
    1. 中津トリサポ様

      コメントありがとうございます。盛り上げてホーム開幕戦に繋げたかったのですが残念な結果となりました。しかし、1年ぶりのJ2が大銀ドームに帰ってきますからね、大観衆で迎えてあげて欲しいですね。

      削除