2017年3月18日土曜日

2017年 明治安田生命J2リーグ 第4節 徳島戦

【大分 0 - 1 徳島】

ヴァシリェビッチですよ、ヴァシリェビッチ。究極的に発音しにくい徳島のでかい外国人DF。徳島が補強した舌を噛みそうなセルビア人。あんなに判り易く!手で!後ろから!カウンターの時に!ボールを保持した選手を!引き倒すプレーしやがって!・・・初めて観たかもしれません、あんな清々しいほどの反則。得点機に絡むのにイエローで済んだのが謎。レッドカードであって欲しかった。ヴァシリェビッチめ!覚えたからな!発音しにくいけど覚えたからな!


今日もDAZNで生観戦したのですが、目まぐるしく両監督の戦術駆け巡る見応えある展開。捉えどころのない、ウナギのようにウネウネと戦術を変えるリカルド・ロドリゲス監督に手こずりました。



スタメンはクロスの猛特訓を行ったであろう岩田が先発に復帰して、伊佐がワントップに。この伊佐先発があの、ヴァシリェビッチ対策に充てる戦略だったのでは。林よりも対外国人兵器として優先された模様。空中戦でも勝てていたので伊佐の身体能力は優秀。岩田のクロスも若干精度が向上した気がしないでもない。


問題は今節も前半。どうも試合開始からしばらくはボールが持てない。徳島はアンカーを配置するタイプの4-3-3、流動的にポジションを変えながらポゼッション志向のサッカーをやっていたような気がしたのだが、如何せんヌルヌルしすぎて理解するのが難しい。ワントップに渡や新外国人の196センチのFWがいるのでワントップに強い人置きたがる方針。


個人的には竹内と渡が一騎打ちになると見込んでウキウキしていたのですが、前半は渡が右に、福森がいるサイドに流れることが多く、そこを起点に逆サイドに振るような攻撃で肩透かしを食らう。肉弾戦が観たかったのに。竹内がいるので渡は潰せると思っていたのですが、ヌルヌルと避けられてしまった印象。空いた逆サイドはDF馬渡が果敢に駆け上がってくるし、押し込まれる時間帯が今節も長くなってしまいました。東京V戦と同じようにアタッキングサードまでボールを運ばれて押し込まれてしまいました。流れの中からの失点が似ている。


それでもカウンターチャンスの質が高いので退屈することもなく観ていられるのが今季のトリニータ。失点後に4バックに切り替えてサイドのスペースを消して攻勢に出ました。後半はチャンスも作れて追いつけそうな雰囲気もあったのですが精度と強度が足りず。チャンスはあの、何とかビッチ(※もう忘れかけてる)に手でもぎ取られてしまって勝ち点を積めませんでした。途中で3バックに変わった徳島もヌルヌルで強かったけれども、面白い試合ではありました。徳島はつかみどころがない。今シーズン、勝っても負けても後半の半分は面白い試合ではあります。出来れば前半から面白い試合を展開して欲しいですが、もう少し時間がかかるのでしょうか。國分はデビューおめでとう。大卒の選手は我が軍では即戦力として働いてもらわねば困るのですが、ポテンシャルは十分持っていそうです。


今日は引き分けにはしておきたかった試合でした。惜しい。何とかボッチ(※もう思い出せない)め、徳島での試合の時はズタズタにしてもらおう。

2 件のコメント:

  1. 中津トリサポ2017年3月20日 1:39

    負けてしまいましたね。
    前半の弱さは何とかできないものかと毎試合思います。
    次はバトQロアッソ熊本戦です。まだ、リーグ戦では勝ててないですが勝ちましょう!
    えがおスタの名のごとくえがおで試合を終えたいですね。

    返信削除
    返信
    1. 中津トリサポ様

      コメントありがとうございます。徳島強かったですね。次はリベンジしたいところです。熊本は粘り強いチームですからね、前半の内容に注目ですね。

      削除