2017年4月29日土曜日

2017年 明治安田生命J2リーグ 第10節 京都戦

【大分 1 - 3 京都】

「代えてあのFW(※俺に)」で有名な田中マルクス闘莉王を擁する京都サンガ・・・もとい、京都サンガ擁する田中マルクス闘莉王との対戦でした。要注意だって、全員が分かっていたはずなんですけれども、止められない。クロスの供給元を断てなかった。そんな試合でした。



今日は三平と林がベンチにも入れず、連携の良さを保っていたFW陣に怪我人が増えている模様。連戦前に危うい。右サイドの岩田はクロスの質に成長が見られずに前半で交代。そうすると後半から代わって入った國分が切り替えされ、クロスを許して闘莉王決められるというちぐはぐな展開へ。危うい。3失点目は完全に余計。危う過ぎる。


繋ぐサッカーをやっていて、一番負けたくないタイプの放り込みサッカーをやらざるを得ない状況の京都に3失点と心情的に苦しい結果でした。1得点出来たものの、もっとチャンスを多く作り、決定機を決められるようにならなければ上位進出の壁は超えられません。守備ブロックを崩す前に失点したのは痛かった。岩田よ、クロスだ。クロスの質だぞ。國分よ軽い守備は厳禁だぞ。これまでもそうであったように若手の失敗は将来の糧として大銀ドームに刻まねばなりません。若手はへこたれずにチャレンジし続けて欲しい。


背の高い新外国人と田中マルクス闘莉王を2トップとして使うという、札束の使い方が凄いことになっている京都の戦術。どこまでやりきれるのかは予測不可能ですが田中マルクス闘莉王が健在であることははっきりわかりました。3試合連続ゴールは異常。




こういう敗戦の時はニータンを眺めときゃいいんです・・・・。昭和か・・・・。旬は逃してる気はするけど面白いよ・・・・。3連勝したかったな・・・・。



0 件のコメント:

コメントを投稿