2017年5月7日日曜日

2017年 明治安田生命J2リーグ 第12節 岐阜戦

【岐阜 1 - 2 大分】



長良川競技場をトリニータの本拠地にして、サトミキさんを専属契約で常駐させればクラブワールドカップにも行けるんじゃないかなって気がしてきました。GW連戦、最後の岐阜戦を見事勝利で飾りました。スタジアムで頂いたマッチデープログラムを広げると、対岐阜戦の相性の良さが一目瞭然。通算で1回しか負けてない。私その1回見たんですけどね・・・。



好天に恵まれた、絶好のサッカー日和。我が軍がJ3に行っている間にバックスタンドの改修が完了した模様。日差しは強く、選手たちにとっては厳しい環境だったと思われます。しかし、ただ飛騨牛串を食べるだけのまったり観戦者にとっては何一つ問題なく、気持ち良く脂肪を増やして帰ってきました。





スタメンには変更が無かったものの、試合が始まってから4バックの並びになっていることに気付く。山岸が左サイドで高い位置に居続け、右サイドは小手川が陣取る。最終ライン右には岸田がおり、伊佐と後藤のツートップによる4-4-2で岐阜に対峙。



岐阜は大木監督を招聘し、完成まではしばらく時間がかかるであろうパスサッカーを構築中だったはずなのに、早くも3連勝と結果を出し始めている状態。パスサッカー同士の戦いを楽しみに岐阜まで行ったのですが、我が軍は謎の4-4-2ですよ。



ぬ?ですよ、この時の私の感情は。出来れば真っ向勝負が観たかった。前半、岐阜にやられっぱなしで、特別にフォーメーションを変えたにしては危うい場面が散見されていて不安が募る一方。岐阜対策になっているのかいないのか、よく分からない。しかし、その中でも福森がマルクスじゃない方の田中、田中パウロ淳一(※変換しやすい淳で良かった)に仕事をさせなかったのは分かった。常にサイドに張って虎視眈々とチャンスを伺っていた田中パウロ淳一。左サイドを抑えられたのは良かったとは思う。しかし、攻撃は完全に犠牲に。特に右サイドは岸田がボールを奪われ過ぎ。なんとか0-0で前半を終えたものの、この戦術で行くならばですね、我が軍にカウンターでのワンチャンスをものにできるようなですね、外国人FWでもいないと厳しいんですよ、そんなね、強力なFWがね、今のトリニータに居ますかって話なんですがね、居ましたね。いや、居られました。大エース後藤様が。



ヘニキに当たり負けしないニキ、後藤様のスピードとパワーが相手のミスを呼び寄せるわけです。ごっちゃんなんてもう軽々しく呼べません。大変成長あそばされました。1得点目も凄かったし、2得点目もクロスに飛び込んでヘディングで決めるとか驚異的。2得点目は川西のサイドチェンジが既に素晴らしく、さらにそれを受けた小手川のクロスも素晴らしかった。オウンゴールで1点失ったものの、セカイノサカイも出場してそのままタイプアップ。長良川で異常に強いトリニータが、我が軍だけの勝利の女神、佐藤美希様の御前で勝利。



主力に怪我人を抱えたままのGW連戦の中で、現実路線で勝ち点を積み重ねる可能性が高い方に賭けた首脳陣。前半だけを見ると危うかった采配ですが、後半は守備がハマった時間帯が長かった。4バックという秘策が成功したのか、たまたまこうなったのかは分からないのですが、俗にいう「自分たちのサッカー」だけを追うのではなく、現実的に相手を見極めて戦って行くスタイルが使い分け出来ることが驚きでした。岐阜からすると先に失点してしまったので難しくなってしまった。あのミスが、運も絡んでいるような気がして、相性の良さが引き立ちます。そういうの、ありますよね。勘弁して欲しいですよね(※千葉方面に向けて)



長良川でサトミキがいれば何をどうやっても勝てたのかもしれませんが、現実路線で勝ち点3を持ち帰れたことは上位に踏みとどまれる結果に繋がりました。私もtotoBIGで6億円当てる夢を追いながらも現実路線で働きに戻ろうと思います。次回ホームで岐阜と戦う時がまた楽しみになりました。さて、次節遂にホームに迎える超J2級大名古屋とはどう戦うのか?予想するだけで楽しい。今年のトリニータ、本当に楽しい。






0 件のコメント:

コメントを投稿