2017年6月22日木曜日

2017年 天皇杯2回戦 町田戦

【町田 2 - 4 大分】



天皇杯2回戦を観戦してきました。また町田か、という感想しかない野津田ですが大雨の降った平日19時アウェイキックオフという、アウェイ民族の血が騒がざるを得ない観戦条件が重なり、プロ観戦者ばかりが集まる濃い雰囲気の中での試合となりました。雨が降るって話だったので装備品を必要最低限にしたため、写真はスマホで適当でございます。



毎年元旦に試合をすることを夢見るのがサポーターの宿命。そしていつもはサブメンバーとして中々試合に絡めない若手やくすぶっている中堅・ベテランがアピールの場として奮闘するギラギラしたものが観られる楽しみ。天皇杯の緒戦ほど興味のそそる試合は無いのでございます。特に練習やテストマッチを観ることができないアウェイ民族にとっては尚更なのです。それが関東で、首都圏であるんだから行かない訳にはいかない。


しかし、まっとうな社会人としては辛いものがあるのです。そっと息を潜め、誰にも気づかれないように忍者の如く仕事場を抜け出し、スタジアムに到着したのはキックオフ直前。そこにはすでに横断幕やら何やらが準備されており、ちゃっかり休みを獲得しやがったプロ観戦者の皆さんがどっしり構えていました。何者なのだろうか、こういう人たちは。本当に不思議だ。まぁ私もそう思われているのでしょうけれども。バスを降りて走るサラリーマン観戦者たちが多かったです。



期待通りのいつもは観ることができないメンバーたち。GK修行、CBは左から国内の坂井、山口、黄の並びでした。ボランチは姫野と前田。左サイドにゴルゴ黒木、右に國分、伊佐のワントップに世界の坂井と翼のシャドーという楽しみな布陣。


今日は特に福森を応援したい気持ちでいっぱいだったのですが、ベンチにも入っていないということは怪我か体調不良の可能性が濃厚なのでしょう。早いとこ元気になってドリブラー福森となって戻って来て欲しい。休む時は休む。これ大事。岩田はどこで何をしているのか不明。


試合は前半町田ペースで進みました。土岐田やら増田やら戸高やら知っている選手が多かったのですが、コンパクトにラインを保ち、我が軍の最終ラインに見事にプレッシャーをはめ込んでいる印象でした。リーグ戦で戦った時に両サイドがワイドに開いて高い位置を取ることでチャンスをバンバン作れた面影は無く、非常に辛い立ち上がりでした。お互い手の内は分かってしまっているけれども、試合勘が鈍いメンバーが多いので準備してきたことがお互いに発揮できないちぐはぐ感は多少あったと思います。


そんな中でも、我が軍の方がモチベーションの高いメンバー多数だったと思うのです。連携面の不安や試合勘は衰えていたかもしれないですが、一人ひとり、何かを残そうとアピールする気持ちを強く感じました。その意欲の差が球際で発揮されて先制点に繋がったと思います。ただ、映像も無いのではっきり思い出せない。右サイドで粘って真ん中から逆サイドに展開しての世界の坂井のゴールだったはず。泥臭さと美しさが同居するゴール。場内アナウンスは國分のゴールとあり、もう誰のゴール何だかよく分からなかったのですが、誰が決めても1点は1点なのでね、はいりゃいいんです。はいりゃ。


最初のワンチャンスを活かせたのは大きかったのですが、展開自体は苦しいまま。そんな中、カウンターの応酬でミドルシュートを決められてしまいます。横っ飛びしたGK修行の手をかすめポストに当たったボールは横に倒れたGK修行の背中に跳ね返り、ゴールイン。同点とされてしまいます。それでも直後のコーナーキックからの混戦で相手GKがつかみ損ねたボールを伊佐が押し込んで再びリード。前半を折り返します。



後半は盛り返してボールを保持し始め、ペースを掴む。圧巻だったのは右サイドに松本怜を投入してから。勇気を持って両ワイドが開いて高い位置をキープし、町田の裏のスペースを虎視眈々と狙う戦略がくっきりとピッチに浮き出ました。もう、松本怜が居そうな場所にアバウトにでもボールが出ればチャンス到来。案の定、右サイドを突破して、上げたクロスに伊佐が突っ込んで3点目。この流れも美しかった・・・・。采配的中。これでね、元旦まで夢は繋がったなって思ったんですが、直後に失点するんだから2点差は危険なスコア。また1点差に戻されてしまいました。


あとは1点差を守ったまま試合を終わらせられるか、なのですがサブのメンバーたちのモチベーション的に、時間稼ぎをして勝利を目指すような心理状態ではなかった様子。監督も岸田を黒木に代わって投入し、両サイドをフレッシュ化して明確に横から攻めろとメッセージを送るのです。まだ1点差で勝っているのに。アディショナルタイムまで攻防は続きましたが、最後の最後にカウンターで姫野がゴールし、とどめを刺して直後にタイムアップ。前節終了後、竹内が言っていた相手の攻撃をひっくり返してカウンターでとどめを刺すサッカーをサブメンバーが早々に実現させてしまいました。



ルーキー野上もデビューできたし、4点取って完勝したし、結果的には気持ちの良い水曜日となりました。ただ、サブのメンバーのモチベーションは高かったものの、中距離以上のパス精度の粗さやミスの多さが目立ったのも事実。レギュラーメンバーとの差を感じたのは確かです。若手には経験を積ませないと伸びないので悩ましいところではありますが、もっと頑張ってアピールを続けないとスタメン争いの激化は遠い。もっともっとアピールしてトリニータにポジティブスパイラルを巻き起こして欲しいと思います。初出場や初ゴールはおめでとうと言いたいところですが、全然足りません。もっともっとおかわりしたい。次回は7月12日、柏レイソルとの対戦。開催地は分かりませんが、J1と真剣勝負。行こう我々と同じくよく分からない職業の人々と共に平日夜のスタジアムへ、そして元旦埼玉スタジアムへ。夢は続く。


2 件のコメント:

  1. 血が騒いだアウェイ民族の1人です。ちゃっかり仕事も休みましたが。大分からの使者の最前列に写っておりますw

    伊佐の2点目の流れは本当に美しかったですね。伊佐、怜、岸田の3人は普段から出てるだけあっていい動きしてました。伊佐が周りを活かすプレーをしていたのもなかなかに良かったなあと思いました。

    ここからのチーム力の底上げに期待したいところですね。

    返信削除
    返信
    1. クサカ様

      コメントありがとうございます。応援お疲れ様でした。少数精鋭で素晴らしい声援でした。ここ最近の攻撃の美しさもあって、アウェイ民族魂がより騒ぎますね。伊佐は1人で若手を引っ張る存在でした。底上げ、期待しましょう。

      削除