2017年6月3日土曜日

2017年 明治安田生命J2リーグ 第17節 水戸戦

【水戸 2 - 0 大分】



平日の疲労を引きずって、早朝に起きて水戸に行ってきました。快晴の水戸でしたが、完敗となりました。


それでもこの、吉平翼のスタメンを確認した時は興奮したのです。昨年J3で共に戦った生え抜きを愛する気持ちが溢れ出して止まらない。そりゃもう期待しました。しかし、結果的には水戸のFW、前田大然19歳の印象しか残っていません。彼、凄くない?名前的にお寺の子かな?彼、凄くない?凄くなくない?


スピードがある前田大然と186センチと長身の林陵平の2トップを起点とした水戸の守備組織が素晴らしかった。実際、10試合負けなし、という状況にありプレーに迷いは感じなかった。守備がしっかりしているから負けない、攻撃の精度は甘いので勝ちきれないこともあるけれども、負けない。そんな雰囲気。



スタジアムはマスコット、ホーリーくんの誕生日ということでゆるい空気が満載。個人的にはごっついミドルシュート決められたとか、雷で中断とかよろしくない思い出が沢山です。



誰でしょうかこの赤い人。



観客動員が増加傾向と聞いていた水戸ではありますが今日はお客さん少なめの印象。毎回何かしらお土産もらっている気がする。今日はうちわとジェット風船を貰いました。暑いのは分かっていたので、余計なものは食べずに日陰を金で買いました。メインスタンド最高や。しかし、ジェット風船を飛ばすタイミングが後半のキックオフ、主審が笛を吹いた瞬間というのが辛い。後半の入り、集中できん。



試合前半は両チーム相手の出方を探りつつ、といった低調な立ち上がり。アウェイで陽射しの強さも考慮してか無理はしないトリニータに見えました。前半の試合の作り方はそれで良いと思うのですが、今日は水戸の2トップのチェイシング圧力が出足鋭く、最終ラインでのボール回しに全く余裕がありませんでした。



自陣でボールを回すときに夏侯惇が最終ラインまで下がって、川西が残り、両サイドが高い位置をキープする4-1-5っぽくなったとき、1の川西付近のスペースを埋め、寸断することでトリニータの縦パスの供給を断ち、サイドへと追いやり、精度の低いボールを蹴らせてはセカンドボールを拾う。2トップと中盤の選手と最終ラインの距離感が常に保たれており、町田戦の時のようなサイドチェンジも少なく、縦パスも入らず、攻めあぐねました。ここまでマークを剝がせなかったのは初めてかも。水戸はFWの守備が攻撃になっている感覚ですが、最後の攻撃の精度が低く、ボールを保持して攻撃しても最終的にクロスやらシュートが的を捉えないので、ただただ両チーム低調なJ2の試合。



試合が動いたのは後半になってから。トリニータは勇気を持って縦にチャレンジするようになりました。吉平翼が下がって代わりに入った三平が3トップの一角に入ってからは高い位置で奪えた絶好のチャンスも。三平のシュートはポストに当たり、跳ね返りは後藤が決め切れず。その時の監督の姿です。ご査収ください。



このチャンスを外した後は嫌な予感しかしませんでした。試合を通じて落ちることのない前田大然のスピードとチェイシング頻度。まぁ手を焼きました。こんな若手と対峙する30代の気持ち、今自分が歳を重ねたことにより、凄く分かるような気がする。結果的にいつかはやってしまうであろう、最終ラインのパスミスがここにきて遂に出て、相手にゴールをプレゼントするような結果に。しかし、これは単純なミスというよりも、度重なる水戸FWのチャレンジの成果ではなかろうか。引き出されたミス。そう思えるくらい走っていました、前田大然。もう漢字変換が面倒なので「大自然」に改名してくれないかなって気がしてきました。松本山雅はなぜこの大自然選手をレンタルで出したのだろうか。もったいない。



その後ビハインドを追うために3枚目のカードを切った直後、入ったばかりの林が相手GKと交錯して受け身がとれず手をついて肘を脱臼したような感じに。復帰したばかりの林がまた抜ける痛さたるや。交代カードを切ってしまっていた後だったので一人少ない状況になり、更に失点。最終的に2-0という結果に終わってしまいました。2失点目はもう、リスクを負った後の話なのでもうしょうがないと思います。



前節の岡山戦の後半もそうでしたが、対戦相手が大分トリニータ対策を編み出したような気もします。しかしそれでも、最初の1点が取れていたら、速攻からのあのファストブレイクチャンスを活かせいれば、と感じざるを得ません。今日は水戸の守備のしつこさが凄かった。結果が出ないと不安になったりもしますが、まだまだ気にするレベルではありません。今日は我が軍がどうこうよりも、水戸がちょっと不敗ゾーンに入っている感じでした。なんだ不敗ゾーンて。自分で書いていて謎ですが、あったら入ってみたい不敗ゾーン。勢いって怖い。J2怖い。林の怪我が軽症であることを祈りたい。



2 件のコメント:

  1. 残念な試合でしたね❗
    特に前半が……
    後半になってやっとエンジンがかかってきたような感じでした。三平#後藤#伊佐の惜しいシュート(ポストやふかしなど)相手はポストでも入ったのに……

    あのまま攻撃し続けたら点は入ってたのでしょうが時間が……
    前半からあのような戦い方ができればちょっとちがったのではないかと🎵

    怪我人がポツポツ出ますが背中を押し続けようと思います‼️

    水戸戦も日帰り弾丸でした❗
    次は群馬そしてお犬様戦に参戦します

    返信削除
    返信
    1. 自転車最高様

      コメントありがとうございます。遠征お疲れ様でした。残念ながら勝てませんでしたね。先制するって難しいですね。まだ半分以上試合は残ってますから少しずつ、1つづつ乗り越えて行って成長して欲しいものです。

      削除