2017年6月26日月曜日

2017年 明治安田生命J2リーグ 第20節 群馬戦

【群馬 0 - 4 大分】



前橋で19時30分キックオフという嫌がらせに対する、大分トリニータの満額回答でございます。4得点&無失点。なぜ日曜日の19時30分にキックオフしたかったのか?群馬関係者の行動が謎過ぎる訳ですが、この行きにくさ&帰りにくさを提示されて燃えないアウェイ民族ではないのです。移動戦闘民族であるアウェイ民族は遠ければ遠い程、過酷であれば過酷である程、旅で死にかけて強くなって蘇る生き物。大体大敗して白目剥くことが多いアウェイ民ですが、時々今日みたいな勝利に遭遇してまた5年ほどアウェイ遠征する根拠を得てしまうのです。



敷島には特に変化は無く。特長ある充実のスタジアムグルメと松ぼっくり。例年通りでしたが、この日はダイハツスペシャルマッチデー。ダイハツ車が陳列されていました。



赤鬼もいました。カメラを向けるとポーズをとってくれた優しい赤鬼。逆に緊張して上手く撮れませんでした。この後、赤鬼は前にいる少年の首をもぎ取って食べました(※嘘です)




誰がどう見ても苦しんでいる群馬。今年はピッチ上にブラジル人不在で得点が少なく、失点も多い。今日はCBに坪内が復帰したこともあり、群馬ゴール裏は坪内チャントがひと際大きな声で歌われていました。坪内に対する期待感が凄かった。あの坪内にそれほど期待するって、よほどひどい失点が多いってことなのでしょう。


対する大分トリニータのスタメン。あっさりと福森が復帰。フック復帰。これで一安心。水曜日の天皇杯は休んだ主力。ベンチメンバーには天皇杯得点者やアシストで爪痕を残したメンバーが揃う。主力が気を抜くとサブメンバーが虎視眈々とその地位を狙っているため油断できません。



ダイハツスペシャルマッチとあって、関係者挨拶&カクシカがキックインセレモニー。関係者様は「ダイハツスペシャルマッチは群馬無敗」という余計な情報を教えてくれました。ダイハツ九州を胸スポンサーに持つ我が軍がジンクスを破ってしまいましたが、BMWとか三菱とかに負けるより全然許して貰えるんじゃないでしょうか。



結果的にこの試合は0-4で大勝利ではあったものの、個人的にはそこまで手放しで喜べる内容でもなかった気がしています。特に守備面。無失点で切り抜けられましたが、群馬のシュートが枠外に飛びまくりで、まさに「ファーーー」って叫びたくなるような宇宙開発ぶり。トリニータの選手たちが叫んでいたのは相手を煽っていたんじゃないかと思えるレベル(※絶対違う)で、ことごとく助けられました。ファーです。ファー。ただゴルフが流行っているだけです。



トリニータも群馬もミスが多かったと思うのですが、ピッチに撒かれた水で両軍がスリッピーになっていたのが要因だったように思えます。踏ん張りが利かずに滑ってボールロストする場面が多く、チャンスにもピンチにもなっていました。前半の1得点で折り返した時は、可もなく不可も無く、特別に褒め称えるべき選手も見当たらないし、普通にプレーして普通に勝つような試合かな、と。1-0でも勝てれば十分かな、という印象。これが後半、相手を引き出してひっくり返せたんだから成長を感じざるを得ません。



群馬の最終ラインは勇気を持って高めに維持されており、それが先制したのをいいことに最終ラインでボールを回すトリニータの罠の餌食となります。群馬のその広大なスペース、活かす訳です、我が攻撃陣が。圧巻だったのは後藤。特に2得点目のスピードと切り返しは凄かった。更に3得点目のPKとシーズン2度目のハットトリックをかまします。3得点目のきっかけとなったプレーもスペースに走り込んだ岸田が倒されて得たもの。前がかりになった相手を引き出して裏を取る、なぜ最終ラインまでボールを戻して回すのか、そこを理解しなければなりません。受けて返す、猪木の風車の理論が冴えわたりました。



4得点目、この得点は最近増えてきているクロスから。そのクロスを上げたのが鈴木義宜だっていうのがたまらない。片野坂監督が直接指示したんじゃないかっていうくらい近距離にいましたが、完璧なクロスを中央に供給。これをピンポイントで合わせられるようになってきた途中交代の伊佐がきっちりと枠内に決めてやりすぎの4得点。ダイハツの皆さんごめんなさい。


さらにこの後も伊佐と後藤で5点目、6点目を決めかけてしまう場面もあり、メインスタンドのお客さんが席を立ち始め、塾に行く時間を優先させてしまう(※絶対違う)試合内容となり、最後はトリニータオーレで締めくくってしまいました。天皇杯含めて3連勝。讃岐、群馬と連勝出来たのは大きな結果。そして福森が安心と信頼の無失点でフック復帰。鈴木義宜はクロスを上げられるようになっていたので、左から福森も頑張って欲しい。



0-4の勝利を喜びつつも、次節、シーズン折り返しに居座るJ2の中ボス、ジェフユナイテッド千葉戦を迎えます。J2で特長あり過ぎるサッカーを無理して展開し続けるジェフ、J2でずっと待っていてくれる俺たちのジェフにも満額回答で応えなければなりません。あの広大なスペースを活かせるのか?プレッシャーに屈してショートカウンターに散るのか?非常に楽しみな試合です。必見。





0 件のコメント:

コメントを投稿