2018年4月15日日曜日

2018年 明治安田生命J2リーグ 第9節 横浜FC戦

【大分 1 - 1 横浜FC】



5連勝を目指した第9節、DAZN生観戦。惜しくも勝ちきれずといった印象の一戦となりましたが、内容は球際で激しく、勝利にこだわりを見せる両チームの好ゲームでした。めっちゃ面白かったっつうの。この好ゲームを実現させた要因のひとつは「水」かもしれません。


試合後の監督コメントを受けて、サポーター各方面がホームスタジアムなのに「なぜ水さえ撒けないのか」とふんわりとプレッシャーをかけまくったおかげか遂に大銀ドームで試合前に散水開始となりました。もしかするとコスト削減のために足湯に使い終わった温泉を撒いていたかもしれませんが(※水です)この効果でボールが走り、パススピードが上がり、よりスリリングな展開を生み出したような気がしてなりません。当たり前のようなレベルのことですが、ようやく一歩前進。調整に動いてくれた関係各位、お疲れ様でした。芝のクオリティを維持しつつ継続したいものです。チームが好調だからこそ調整できたことだろうと思います。良い循環が心地良い。


ここまで内容が変わるなら逆に、今までなぜ水を撒いてあげられなかったのかと、勝てなかったシーズンを思い返してしまう訳ですが、サッカーの内容、対戦相手と色々なことがありますし、水を撒かなくても芝がズルズルだった時期もあるので、様々なノウハウが発揮でき始めたのかもしれません。今までの失敗を血肉にせねば。普通に水を撒けるようになるなんて、もう全てはジェフに勝ったからとしか思えません。呪いが無くなり、ホームスタジアムを取り戻した感が凄い。全部ジェフが悪い、ジェフが。


スタメンは前節と変わらず。丸谷はベンチにも不在。中途半端なコンディションなら戻ってこれないくらいの選手層でございます。ただ、両サイドについては替えが利かない雰囲気が出てきました。星と松本怜が好調過ぎて止められない。両ワイドが絡んでの同点弾は素晴らしかった。


横浜FCはベテラン勢が元気で困りました。イバは相変わらずですし、ドミンゲスもそこにパス通しますかね、っていう衰えぬ技術が厄介。カズと松井大輔はベンチスタート。基本的にイバを活かしてサイドからクロス、セットプレーからの得点を終点としての組み立て。今日は4-3-3でトリプルボランチを組み、我が軍のシャドーのスペースを消す戦法に出ましたが、前半にPKで先制するも後半には疲弊。


トリニータの選手はPKで先制されてしまった後に、選手達の球際での強さが一段上がったように感じたこの試合。デュエルで勝つことに対しての意識はハリルホジッチ監督を解任した日本サッカー協会へのアンチテーゼだったのか。1点ビハインドになってからの方が勝利への意欲が増した感覚がありました。後半頭から姫野から川西を投入。その後に投入されるであろう攻撃陣もいたので1失点程度では動じない雰囲気。信頼のおけるチームになってしまいました。最後まで走り切れていましたし、恐ろしい成長です。


もう少しで2点目が取れそうでしたが、今日は1点どまり。返す刀でカウンター食らったりしながら、攻守の切り替えが素早かった一戦は引き分けという結果で5連勝は出来ませんでしたが、もっと大銀ドームで今のチームを観たくなるようなゲームだったと思います。これでお客さん増えなきゃおかしい。今日は本当に勝ちたいという選手たちの思いが滲み出ていた試合だったと思います。千葉に勝てたチームは伊達じゃない。引き分けでしたがナイスゲームでした。両チームGKのセービングが光った一戦。


次節はアウェイで金沢との対戦。やっぱりゲンゾイヤーは暴力に訴えるのか。勝ち点を持って帰って来て欲しい。

0 件のコメント:

コメントを投稿