2011年6月14日火曜日

2011 J2 第16節 京都戦

【京都 2 - 0 大分】

京都に行って来ました。
2年前に降格が決まった西京極で、感傷に浸ったりするのかなと
思ってたのですが、あまりそんな感じにはなりませんでした。
西京極のスタジアムの雰囲気、今日サッカーあります的なお祭りの
雰囲気が優っていて、悲しい気持ちにはならないのが分かりました。
やっぱり良いのです、スタジアムは。勝てればもっと・・・。


さて、京都も中々調子が悪いはずだったのですが、
17歳の若造にやられてしまったわけです。
特に右サイドが。さてどんなフォーメーションだったのか。



ワントップにあんこ、両サイドは抹茶アイスとゼリーのコンビで
白玉のスリーバック・・・・・あれ?違う。
これは京都で食べ過ぎた抹茶的甘いモノでしたね。失礼。
美味しかったなー。旅行のことは思い出せるんだけどなー。
サッカーのことあまり思い出せないんですよねー。



えーっと、イ・ドンミョンと藤川が初先発。
作田が外れて池田がCBに。怪我なのかよく分からないけど、急造DFライン。
このDFラインが守備に攻撃に不安定でした。
前半6分、早々に失点。2列目の飛び出しから崩されましたよね、完璧に。
急造の右サイドを徹底して突いてくる京都。
不安定なDFラインの上に、ボランチへのプレッシャーがきつく、
ビルドアップの途中に出しどころなくて、ボールを下げて
DFライン近くでボールを奪われる場面とか、
ちょっと何やってんだっていう記憶が徐々に蘇って参りました。


攻撃もほぼドリブルのみの個人技頼みなので京都の守備ブロックが
整っているとスペースもなく、有効な攻撃は少ない。
シュートチャンスはミドルレンジばっかりで、さらにそのシュートも
ゴールの枠を捉えられない。
ちょっと何やってんだっていう記憶が徐々に蘇って参りました。


2失点目はロングボールから。
またもやスペースへのフリーランについて行けず。
京都はロングボールも結構多かったですね。


後半に1点でも入れてくれれば次に繋がろうものの、
前田を下げて森島を投入して、高さのある2トップにしたにも関わらず
それを活かそうとするシンプルな攻撃も観れず、
とにかくちょっと何やってんだっていう試合だったんです。
千葉戦に続いて雨にも濡れるし。


唯一の収穫、イドンミョンが意外と良かった。失礼な言い方だが、
途中出場だと状況を読めないことが多かったイメージだったのだけど
先発だとちゃんと仕事出来てた。ボールも収まってたし。
あ、あとアウェイのユニフォームのソックスが白色って分かったこと。
知らなかったですね。えぇ、どうでもいいですね。


とにかく、3万人集める前に7000人集めるのも難しくなるような
残念な内容でした。若いより弱い。得点が取れなくなってるし、
状況悪いまま、西京極での残念な思い出を増やしただけの遠征でした。
本当に、そろそろ頼むぞって感じです。


最後に動画と写真です。












































2 件のコメント:

  1. ハカイダー様

    今晩は。
    京都の動画と写真をありがとうございます。

    いきなり美味しそうな写真から始まって、画面に
    クギ付けでした。あんこに抹茶、ゼリーに白玉・・・
    最強の布陣です。

    さて、試合のほうはというと、テレビ観戦でしたが
    途中何回、ちょっと何やってんだって思ったことか
    (^^;)
    このあとホームが続きますので、応援頑張ってきます。

    返信削除
  2. issu様

    コメントありがとうございます。
    ホームで連戦、アウェイ北九州戦、
    7.9総力戦に向けて良い流れにしてあげたいですね。
    スカっとした試合を観たいものです。
    応援頑張って下さい。

    返信削除