2011年8月22日月曜日

2011年 J2 第25節 岡山戦


【大分 1 - 0 岡山】


夏休み唯一のホームでの戦い、見事勝利。
自宅でゆっくりとスカパー観戦でした。
センターバック不足に悩まされながらも、岡山撃破に成功しました。
そのセンターバックに今節はなんと、イ・ドンミョンを投入。



まさかの3バック。
本職が一人もいない。土岐田も姜もMFだったろうに。
しかしこの3バックがハラハラさせつつも完封に成功。
久々の完封勝利に貢献してくれました。


というよりも、岡山の攻めが・・・というのも正直な話。
対する岡山も3バックで同じ様な布陣どうしの真っ向勝負でした。
ただし、前半から岡山はカウンター狙い。ロングボールなどで
裏を一発で狙う攻撃を淡々と続けるのみ。
最終ラインのストヤノフまでにプレスをかけられず、
フリーでロングボールを蹴られる事が多く、
精度が高いフィードなので、ハラハラする場面が結構ありました。
ストヤノフがこっちの3バックの真ん中に欲しいなぁと思ってしまう程。
ただまぁ、単発で終わる攻撃なので急造3バックでもなんとかなったか?


攻撃に関しては森島が戻ったこともあり、ボールも収まるかと思いきや、
森島のポストプレーがいつもよりは安定してなかったかな・・・。
その代わり井上裕大が目立ってたと思う。
縦横無尽に駆け回り、ボールを奪うわ、裏に抜け出すわ、
ピンチを救うは獅子奮迅の運動量。素晴らしかった。


先制点は後半9分。
前俊のパスカットから、素晴らしいスルーパスを森島がぶち込んで生まれました。
湘南戦でも似たような状況で先制しましたが、前線の高い位置で
ボールを奪ってからのショートカウンター。
これがいい形で実を結んでいます。
前線のプレスのかけ方、連携が結果を生んでいるとしか思えない。


で、先制してからが問題の多いトリニータ。
この日も引き続きハラハラさせられました。
蒸し暑そうな大銀ドームにあって、両チームともに運動量が減る。
武闘派岡山との厳しい球際での戦い。
なんとか抑えこみに成功して逃げ切り。
勝利後の花火、そして何より観客が1万人を再び突破。
このタイミングでの勝利が何よりも嬉しい。
選手たちはよく頑張った。


気になった点で、今節安川がベンチ外。
前節で監督が置いていかなければならない、とまで言ったことから
どういう結果になるか気になってました。
センターバック不足に、池田や安川を使わず敢えてドンミョンをコンバート。
これで結果を残されたんじゃお前らどうするんだ?って話。
ただ、特に安川はルーキーだし、田坂監督も選手を干し続けるような事は
しないと思う。そもそも選手も少ないし。
置いていかれんのか?ついていくのか、試されているのだと思う。
厳しいプロの世界だから、結果を出せなければ次はない。。
裕大も一時期スタメンから離れたけれども、チャンスは与えられた。
それを活かして再度スタメンに定着して今日のように活躍してた。
チャンスを待って、頑張り続けて欲しい。
まだまだシーズンは続く。






2 件のコメント:

  1. ハカイダー様

    今晩は。
    熊本ショックを忘れさせてくれる・・・
    とまではいきませんが、ホームでの勝利は
    やはりいいですね!花火が祝砲になって
    本当によかった(^^;)

    個人的には、去年のようなコール合戦(チャント返し?)
    を期待していたのですが・・・残念。でも相変わらず
    岡山のチャントはリズムが良くて、うっかりしていると
    そちらにのってしまったり、じっくり聞いてしまったり
    します。

    次回からのアウェイ3連戦。ハカイダーさんは大忙し
    ですね・・・また記事を楽しみにしています。

    返信削除
  2. issu様

    コメントありがとうございます。
    熊本戦のショックが相当なモノだったようですねw
    アウェイ観戦は厳しい道のりです。
    辛いことのほうが多いですからね・・・。
    岡山さんのチャントはシンバルの音がスカパーにも
    響いてました。

    徳島には行けませんけど、富山と水戸は行きたいと思ってます。
    水戸は雷が落ちなきゃいいんですが・・・。

    返信削除