2011年12月3日土曜日

2011年 J2 第38節 北九州戦

【大分 2 - 2 北九州】


2011シーズン、お疲れ様でした。
最終節、バトルオブ九州、北九州戦。引き分けとなり、12位で終了。
残念ながら有終の美を飾ることはできませんでしたが、内容的にはそれほど
悪いものではなかったと思います。


試合前に5人の選手との来季の契約を結ばないことが発表されており、
その中の一人であるハセヒロがボランチでスタメン。



ハセヒロってボランチの選手だったんだね、っていうのは今日知った。
もっと前よりの攻撃的な選手だと思い込んでた。
一番やり易いポジションはボランチなんだそうである。
三平と安川がスタメン復帰。GKは丹野。


さて、試合は開始直後にコーナーキックのこぼれ球を押し込まれるという
最低のスタートを切ったものの、徐々にペースを掴みゴールに迫る。
同点ゴールは21分、左サイドの安川のフィードから。
森島が落とし、前俊がくるりとターンしてシュート。
これは一旦小太り気味の北九州GKが左手一本で弾くも、
西が素早く詰めてゴール。
3トップがそれぞれの個性を出した味わい深いゴールでした。


今シーズン、誰も予想しなかった躍進を遂げた北九州は球際に強く、
イエローもらいがちではあった。
後半立ち上がりに北九州の攻勢にあい、ミドルシュートを決められて
逆転を許すものの、退場者を出させて有利に試合を運ぶ。
前俊の代わりに幸野がボランチに投入され、ハセヒロが前に上がってからは
生活のかかったハセヒロが必死のアピール。
PKまで獲得してしまう。追い詰められて結果を出す男にはきっとオファーがある。
獲得したPKは森島がきっちりと決めて同点に追いつく。
2名の退場者を出した北九州を猛追するも追いつかずドロー決着。


つまんねぇ失点がなけりゃ勝てた試合でしたけど、
今シーズン良かった頃の攻撃が再び垣間見えて楽しかった。
成長できたのか、成長できてないのか、中々分かりづらいけれども、
試合運びという点では慌てずにジワジワと攻められたでしょうか。
前半はちょっと焦ってたかもしれんけど。


最終節終了後のセレモニーでは、社長、監督、キャプテンの挨拶が。
来季の胸、背中のユニフォームスポンサーの継続、来季はJ1に挑戦する、
という発表が行われました。
Jリーグへの借金と債務超過と戦力の拡充と若手の育成と、
課題は山ほどありながらもクラブが、チームがJ1を目指すというのならば
それを応援する。J1に上がれるのか?上がれたとしても維持できるのか?
そんなに無理をすることはなく、じっくりやって行けばいいじゃないかと
思うのだけれども、シーズンパス販売数の減少、観客動員の減少などを
目の当たりにしていると、「挑戦権」の入手だけは必須だと思うのだ。
そのためにはまずシーズンパスを売らなきゃ話にならない。
えぇ、サポートしましょう。なけなしのボーナスから。


しかし、田坂監督の挨拶は熱かったですね。
つい、財布からお金を出しそうになっちまった。
それくらいの説得力と信頼感があった。
J1からオファーがありつつも、トリニータの監督として来季継続してくれた。
挑戦権獲得に挑戦。来季は始まりの年になるかもしれん。


ひとまず、関係各位、今シーズンお疲れ様でした。
引き続きコツコツやっていきましょう。
だが、来年はバトQ勝てよぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!?
3年未勝利なんか許さねぇからなぁぁぁぁぁ!!
・・・すいません、ちょっと取り乱しました。
ブログも年内コツコツ更新予定です。

0 件のコメント:

コメントを投稿