2011年12月29日木曜日

2011 J2 順位予想答え合わせ

忘れていました。順位予想の答え合わせ。
シーズン終了後のネタ不足のための仕込みをやってたのに忘れるなんて。
ということで答え合わせ。



現実予想 
1位FC東京FC東京
2位鳥栖京都
3位札幌湘南
4位徳島徳島
5位東京V東京V
6位千葉千葉
7位京都横浜FC
8位北九州栃木
9位草津大分
10位栃木札幌
11位熊本熊本
12位大分鳥栖
13位岡山愛媛
14位湘南岐阜
15位愛媛富山
16位富山岡山
17位水戸水戸
18位横浜FC草津
19位鳥取鳥取
20位岐阜北九州




残念ながら正解7つ。FC東京の首位は揺るがずでしたが、京都と湘南は昇格できず。ただし、後半戦からの京都は予想通り強烈な強さで天皇杯決勝まで上りつめる始末。やっぱり監督の戦術と戦力は間違ってなかったんですよ、と負け惜しみです。湘南は戦力的にダメでしたね。アジエルがもっと試合に出ると思ってたのですが・・・。


徳島の4位を当てたのは我ながら目利きだと思います。5位と6位も的中。まぁこの辺は良いところまで行くけど上がれない常連ですからね。悪くないけど決定的な何かが足りないチーム。千葉に関してはオーロイがもう少し若ければ可能性があったかもしれないけど、怪我するのは予想できましたしね。FW大島の補強が夏でしたけどもっと早ければ結果はもう少し違っていたかも。東京Vはブラジル人FW次第でしょうか。マラニョンより強力なブラジル人が採れれば結果は出そう。来季プレーオフはこの辺りと死闘になるでしょう。生き残れるでしょうか。


横浜FCのダメっぷりが目立つ。主力を鳥栖から獲得したけれども、皮肉にも鳥栖が昇格。サッカーのチーム運営の難しさを物語る結果に。原因はサッパリ分かりません。鳥栖はFW豊田の得点力が大きかったかと。エースって大事。豊田の得点力が突き抜けると予想できたらもうちょっと上位に予想できたか。
札幌の昇格は全く予想外。予想できる訳が無い。理由が今もって分からない。監督の手腕とベテランの力だろうか・・・・・。

栃木の躍進は期待ハズレに終わる。特にイケメントリポジが。覚えてますか、トリポジ。アルゼンチン人。ロボも途中調子を落としたし。夏までは絶好調だったのだが終わってみれば10位。残念。


北九州と草津は躍進。敵ながら素晴らしいと思います。その他大勢のチームはもうどこが何位でもどうでもいいや。トリニータも12位だし。来シーズンは上位2チームは当てたい。プレーオフ予想は難しすぎると思われる。1つはまぁ、京都でしょう。横浜FMを倒せるJ2のチームってあんた。もう1チームはどこだろう。甲府か?山形か?チームの情報が出揃ったら予想してみよう。


年内もう一回更新できますでしょうかね・・・・。もう一つやりたい企画が・・・。

0 件のコメント:

コメントを投稿