2012年3月4日日曜日

2012年 J2 第1節 草津戦

【大分 2 - 3 草津】


2012年J2が開幕しました。あ、これが501回目のエントリー。ブログも500回超えです。おめでとうございます、俺。さて、自宅でのスカパー観戦でひっそりと開幕です。放送開始とほぼ同時に毎回恒例のコレオグラフィ。ビッグユニフォームが通過するとハート型が日の丸型に変更されるという、手の込み様。開幕の雰囲気は素晴らしかったのだが・・・。個人的に色々と謎だった今季のスタメンですが、遂にベールを脱ぐ時が来ました。スカパーのフォーメーション図ではこんな感じ。





キムが二人いて間違えそうですが、前線に韓国高卒ルーキーで本来ボランチのキム・ジョンヒョンをいきなり投入してきた田坂監督。左サイドには湘南から借りた石神。ボランチは宮沢・村井のベテランコンビ。3バックの左にはセレッソ大阪が獲得し、即レンタルに出すボギョンロンダリングの成功事例を踏襲して借りてきたキム・チャンフン。サブの選手を含めて、こんな感じでスタートなのね。為田、後藤などユースから上がった選手たちがベンチ外になってるので選手層は確実に増した。西や高松が戻れば42試合あっても頭数的には事足りそう。


試合は開始直後はトリニータの攻めに勢いを感じたものの、ほとんどが草津ペースで進みました。ポゼッションされまくり、スリッピーなピッチの影響なのか攻撃も足元にボールが収まらない場面が多数。何とか0-0で折り返せたという見所少ない前半の内容。今日の前半の出来だけをみると、高卒ジョンヒョンをスタートから前で使ったのは謎。コンバート好きな田坂監督だが、これは采配ミスだったのでは。本人がデビュー戦の緊張からか期待に応えられなかったというものあるだろうけれども。見切りをつけて後半から小手川に交代。


静かだった前半と打って変わって後半は乱打戦に。後半10分、左サイドからクロスを上げられ、真ん中でリンコンをどフリーにするという失態。簡単に失点を許してしまったように見えた。これで攻めざるを得なくなったトリニータ。後半15分、左サイドを突破した石神からのグラウンダークロスを小手川がトラップして倒れ込みながらのシュート。これがギリギリ決まる。小手川のプロ初ゴールで追いつく。おめでとう、小手川。素晴らしいシュートとゴールでした。


追いつかれた草津はダンディな副島監督が動く。新戦力のヘベルチを投入。このヘベルチが出てきた途端にFKを決めるという荒業を魅せつけ逆転を許す。スカパーで見る限り、ヘベルチのFKの直前に、清水がポストとの距離測ってて一瞬反応遅れてました。もの凄い細かいポジショニングとタイミングのミス。清水は失点するまでは素晴らしい仕事をしていたのですが、本当にちょっとしたところで勝敗が決る訳で、J1昇格を目標に掲げるのであれば一瞬も気を抜けないのである。


さらに得点が必要になった状況で田坂監督がすぐに動く。土岐田を代えて清水から獲得した木島悠を投入。解説の小笠原さんが2バックと呼んでいたが、両サイドの片方どっちかは戻る変則3バックというか、4バックというか。攻めつづけるトリニータ。後半90分頃、三平の惜しいシュートから得たコーナーキックのこぼれ球をまたもや代わって入った木島が決めて同点に追いつくも、喜ぶ暇もなくヘベルチのミドルシュートが炸裂。またもや逆転を許して試合終了。バタバタし過ぎて忙しいわ!後半に5点入る乱打戦を制したのはヘベルチ擁する草津でした。残念ながら黒星スタート。ホームでの開幕を勝利で飾れず。


初見の感想として、前半をほぼ無駄にしてしまったというのは反省点。身体がキレていた小手川を最初から出したかった。全般的に攻撃も守備も連携がまだまだ。昨年の良い時期に良くあったワイドからワイドへのサイドチェンジなど、片鱗は見せたが長続きせず。いい時間帯が短かった。村井のキック精度が高いため、コーナーキックは武器になりそう。背が高い選手が多いし、勝ち点を渋く稼ぐ武器にしたい。課題は守備。基本的に人選が攻撃的なのでリスク管理が出来なければ厳しい。村井も宮沢も攻撃の方が得意なイメージの二人なので、裕大が戻ればコンビをローテーションして試してもらいたい。ジョンヒョンは前で使われてたので守備的なMFじゃないのだろうか・・・・。こっちも試して欲しいけど。新たに加わったチャンフンは可もなく、不可もなくといった良いイメージ。去年より確実にベースは厚いと思う。今年一番最初に始動しただけあって、コンディションは良さ気だったなぁ。だが、今日の状態で6位以内は厳しいと思う。走力のベースは高いと感じたが、上位を目指すならこのままではいけない。一つ一つのプレーの精度、連携を高めなければ。


始まったばかりというのも事実。残り41試合。地味な試合でも勝ち点を重ねなければ話しにならない。あれだけ待ち望んだ開幕も、いざフタを開けると憂鬱になる可能性もあるってことを思い出し、コレも含めてサッカー観戦だなと。あぁ開幕。週末の一喜一憂の繰り返しの日々。やだ、やっぱり楽しい。次節、栃木でアウェイ観戦開幕してきます。よっぽど恐ろしい仕事が入らなければッ。


最後に、日高主審は判定基準が変です。前半イエロー出してたプレーと同じようなプレーでも、7枚カード出した後はピタっとカードを出さなくなった。何その帳尻合わせ?って感じでした。昨シーズン、前俊が顔をムギューっとしたあの主審。この人が大分の開幕戦でジャッジしちゃってる時点で我々には運がなかったか・・・。

4 件のコメント:

  1. 村井はどうなんでしょうね。コーナーだけは、良かった気がしますが、最後にヘベルチのミドルシュート打たれたのも、村井の大チョンボに見えました。

    今年も更新楽しみにしています!

    返信削除
    返信
    1. 酉サポ様

      コメントありがとうございます。
      個人的には村井は攻撃的なサイドの選手のイメージがあるのであまり守備が出来ると思ってません。1失点目も3失点目も人数は揃ってるのに寄せが甘かったですね。3失点目はほとんど映像が映ってなくてよく分からなかったんですが、全体の問題でしょう。まだ1試合ですから。次はやってくれますよ。

      今年はまったりと更新をお待ち頂ければと思います。
      なるべくご期待に応えられるような面白いものを書けると良いのですが・・・。が、がんばります。

      削除
  2. 草サポです

    「日高主審は変です」に同意です。
    大分の選手に出すカードに対戦サポとしても驚きました。もちろん我選手にもです。
    これは退場者がでるかなと思いましたが、後半に選手もコイツの基準に修正した様に見えました。
    日高主審は変です。

    返信削除
    返信
    1. 匿名の草サポ様

      遠路はるばるこんなブログまでチェック頂き、ありがとうございます。今年の草津、お強いですね・・・。良いブラジル人を見つけてこれて羨ましいです。主審ですけど、草津さんも沢山警告もらっていたようで。J2は時々こういう主審と当たってしまいますが、お互い昇格が絡むような重要な試合じゃなくてよかったと思いましょう。次また裁かれることがあったときはお互いに気を付けたいものです。やっぱり変でしたね。また次回、草津のホームで戦った時でもブログ読みに来て下さい。その時はこっちの勝利のブログを書いてやるんだもん・・・。

      削除