2012年5月4日金曜日

2012年 J2 第12節 福岡戦


【福岡 1 - 1 大分】


2012年、今年こそは勝利したいバトルオブ九州の福岡戦。熊本戦から中二日で厳しい戦いになりました、って前回と同じ書き出しで始めてみました。いやー、勝てない。バトルオブ九州での勝ち星はまたもやお預けとなってしまいました。見応えのあるゲームが続いてますけれども、またも引き分け。スカパー観戦でしたが、沢山のサポーターが福岡までアウェイ観戦に馳せ参じ、スタジアムの雰囲気は素晴らしかった。


連戦とあってスタメンローテーション。キャプテン宮沢はベンチスタート。ベテランは回復力が落ちてくるから大切に使ってあげなければなりません。ボランチに村井・為田というコンビ。最終ラインにドンミョン、安川を加えた形。キャプテンは石神でした。





今までなら石神が最終ラインでサイドにドンミョンだったが、石神・三平のサイドはそのままに、最終ラインにドンミョンを加えるってことはリスクとリターンが両方あるということで・・・。ドンミョンをDFとして使う時は攻撃では駆け上がって起点になれるけれども、守備の時のポジショニングと飛び込むか我慢するかの判断の悪さで即シュートシーンまで持っていかれる致命的なリスクも併せ持つ。


福岡は4-4-2で坂田、城後、成岡となかなか強力なタレントを揃えている。前半のポゼッション並びにゲームコントロールは福岡主体だったか。15分までシュートを打てずにいたけれども、左サイド石神からのクロスを三平がヘディングで合わせたファーストシュートのシーン、こぼれ球を森島が外してしまった決定機。攻撃の作り方は良かった。右から高松を経由して左サイドに展開してからのチャンス。素晴らしかった。決めたかったけど。この場面を契機としてトリニータにもいい形が出ていく。


守備面では真ん中を破られたたり、裏を取られるシーンが多かった。初めての組み合わせだった3人のDFがハラハラさせてくれる。清水の飛び出しで助かったシーンが何度か。試合を通じて福岡の決定力の無さに助けられっぱなしではあった。坂田が痛んで前半だけで交代したことはラッキーだった。


得点シーンは前半38分のコーナーキックから。石神の正確なボールを直前のプレーで膝を痛めていたっぽい高松が頭で合わせる。跳ね返りを鳥人阪田がヘディングで押しこむ。飛んだ。鳥人が一人飛んで羽ばたいた。両手が翼に見えました。ダービーでナイスゴールでした。


失点シーンは直後に左からのクロス坂田が落としてこぼれ球を城後に決められる。この失点が悔やまれる。前半を0-1で終われていれば・・・・。


後半は連戦の影響もあり福岡DFが消耗し切っているのが分かったのだが、宮沢、西、木島と投入するも決めきれず。逆にドンミョンの穴からカウンターを食らってゾッとする場面もあり両チーム共に痛み分けの勝ち点1。勝てたけど負けなくて良かったという試合。バトルオブ九州は相手チームのモチーベーションを上げてばっかりでトリニータにメリットないんじゃないの?っていうことに気付きつつある。試合は熱かった。手に汗握る熱戦の中、選手は走り勝ってたと思う。サポーターの応援が後押しできていたゲームだったと思う。


連戦は残り1試合。勝ち点伸ばせてないのは惜しい。連戦の後には湘南戦が控える。連戦最終の鳥取戦は何としてでも勝たなければならぬ。この状況で取りこぼしは許されない。鳥取には、鳥取には負けられん。

2 件のコメント:

  1. うーん...「ゴールでるウィーク」で勝点10を皮算用してたんだけどなぁ、僕も。
    鳥取に勝っても8しかないや。

    ....勝ちきれんなぁ。

    返信削除
  2. 鳥脳様

    コメントありがとうございます。下位チームなんで楽勝だろうと思いきや、意外と強い九州勢といったところでしょうか・・・。鳥取戦に変なプレッシャーを感じなければ良いのですが。鳥取戦に勝ち切って湘南戦に良い準備をして欲しいですね。

    返信削除