2014年3月16日日曜日

2014年 J2 第3節 讃岐戦

【大分 1 - 0 讃岐】


ホームで連勝を飾りました。J2に昇格した初シーズンでまだ勝利のない讃岐をホーム大銀ドームに迎えての一戦。家で生中継を見ていました。春と共にトリニータ中心の週末が戻ってきました。




スタメンは前節と同じ。顔を怪我していた阪田がフェイスガードを装着して出場。鼻骨骨折だったことを知る。それでもスタメンは譲らない、プロは大変なお仕事です。鼻の骨が折れても試合に出てヘディングしまくる、阪田には素晴らしい根性がある。もう鼻なんか要らないのです。トリニータでプレーできるのであれば鼻なんか要らない、そういう意思表示でしょう。(※たぶん間違ってる


カマタマーレ讃岐はアウェイ用の白いうどんのようなユニフォーム。昨年の入れ替え戦で鳥取に勝利してJ2に昇格。正直な話、楽勝だろうと思ってましたが四国のうどんのようなコシの強いクラブでした。今の世の中、四国のコシのあるうどんが美味しいうどんみたいな風潮がありますが、九州のコシのないうどんこそが本流であると個人的には思っています。讃岐うどんはモチモチし過ぎて食べるのダルいんです。九州のうどんは飲み物。ごぼ天うどんこそが至高であると証明するための譲れない一戦。


試合自体はちょっと退屈でした。特に前半はチャンスもピンチもなく、ボールが落ち着かない。マイボールをキープできず、讃岐のハードワークを前に蹴り合いの様相となってしまいました。慌てずボールを回して讃岐の消耗を待てばいいだろうと思ってましたが、出来てない。後半も脚が止まらないであろう讃岐。前半はあまりよろしくなかったですね。讃岐の攻撃はフランス人、右サイドでクロスを量産するアンドレア頼み。とにかくクロスを上げてくる。元代表の我那覇もいましたが、フェースガード阪田と長身のGK武田を中心によく抑えられていたと思います。


後半早々にPKを獲得して2試合連続のPKでの先制点。リードしてからは讃岐が前がかりになったので試合が動き出し始めました。後藤の惜しいシュートなどがありましたけど追加点は奪えず。だが得点も与えずで勝利。後藤は開幕から3試合連続でスタメンから試合出場中。早くゴールを決めさせてあげたいもんです。


昨年さっぱり勝てなかったホームで2連勝を飾れたものの、開幕戦から観客がごっそり減ったのが気がかり。結果が出始めたし、内容にもこだわってもらって、スカッとするようなゴールを量産して勝って欲しいものです。これから対戦相手は熊本→岡山→京都→札幌→湘南と徐々にプレーオフ圏内を争うような相手になってきます。今のうちに連携を深められれば京都、札幌、湘南の3戦でも結果が出せるのではないでしょうか。この3試合が前半戦の山場かもしれない。まずは来週熊本でバトルオブ九州無敗を継続して、九州のうどんこそが本流であると証明しましょう。(※たぶん間違ってる


2 件のコメント:

  1. ハカイダー様

    こんにちは。
    ホーム連勝、夢のようです!
    と大喜びしたいところですが・・・前半は眠たくて眠たくて・・・
    素人目には、讃岐のほうがボールを運ぶのが上手いように
    見えました。
    でも、やっぱり勝ちはいいものです。どんな形でも、勝利を続けていけば
    またお客さんが戻ってくれるのでは・・・と思っています。
    熊本も、参戦予定です♪

    返信削除
    返信
    1. issu様

      コメントありがとうございます。前半は退屈でしたね。勝ちはしたもののまだまだ課題が多そうです。熊本に出撃されるのですね。お気をつけて。バトルオブ九州、勝って帰ってきてください!

      削除