2014年4月30日水曜日

2014年 J2 第10節 長崎戦

【長崎 0 ― 0 大分】

ながさきぃはぁーーーきょーうもーーーーアメマー!©間寛平 ということで、行ってきました長崎遠征。GWですから仕事を同僚にギュッと手渡して遠征です。GWですから。しかし残念ながらまた寝坊しまして、飛行機を乗り過ごすという重大アクシデント発生。初っ端から躓きつつ慌ただしく家を出ました。何ヶ月も前から割引で航空券を買っていまして、現地でなんとか調整してもらって新規購入は免れました。キャンセルがギリギリセーフだったのです。長崎空路に空席があって良かった。テンションだだ下がりだったのですが若干持ち直して搭乗。搭乗したANA機はCAを大量採用したことが一目瞭然なくらいの「訓練生」だらけ。「ドジでのろまなカメ」こと、ピチピチのCA訓練生に囲まれて気持ち的には完全復活でいざ長崎。


長崎空港に着いたのが10時半頃。全く何の下調べもしてなかったのでタクシーに乗ってしまう。ちょっと思っていたより距離があって高く付いたのですけど確実に長崎総合運動公園に到着。11時頃に公園に着いたのですがどうも様子がおかしい。トリニータのサポーターしか見かけない。バスです、バス。バスが並んでいる。



初のV・ファーレン長崎戦とあって気合がにじみ出ているトリニータサポーターが長崎に乗り込んでいた。昔から九州内の移動にかけては他を寄せ付けない動員力を持つサポーターではありましたが、今回はまだまだ新参者の長崎相手ですからちょっと我々の力を見せてやろうではないかという感じが強く出ていました。初物好きな人達なだけかもしれませんけどね。


個人的に今まで九州に遠征に出かけることはなかったのですが、今回は長崎まで行っていまいました。なぜって?ヴィヴィくんが目的であったと言っても過言ではないのです。Jリーグのマスコット界に彗星のごとく現れたスター。可愛すぎて逆に「あざとい」とまで呼ばれるその生体を探るための旅なのです。スタジアムに到着して少しだけ散策。グッズ売り場。





おっ、これ良いなと思ったのがパンツ。生活必需品で、誰にアピールすることなく息をするようにグッズを身につけられる。トリニータもパンツがあればいいのにと思いました。これはナイスグッズ。過去にはあったかもしれませんがこんなの欲しい。



スタジアムグルメはちょっと微妙。お店は少なめ。雲仙ハムが乗っているホットドックを食べました。美味しかったですけど、雲仙ハムは薄めで食べたことを思い出せない。





名物の角煮まんじゅう。長崎全体でお土産として推している様子。街中角煮まんじゅうに頼りきってると言っても過言じゃないくらい。お土産としてスマッシュヒットなんでしょう。カステラ、ちゃんぽんといったベテラン勢の衰えが見え始めたのでしょうか、なんだか必死に売り出している感じがした。豚の角煮自体が美味しい食べ物なので、そりゃまんじゅうで包めば美味しい。腹ごしらえ直後、遂に目的の生き物を発見したのです。




あれ!?なんか違う。JAの職員らしき人が組み立てている!こんなのヴィヴィくんじゃない!





JAの職員らしき人がかなり適当にガムテープで組み立てていたこの玉葱野郎は全く謎のままなのだが、これこそが「ゆるキャラ」であるはずだ。最近「ゆるキャラ」とは名ばかりで緻密なマーケティング戦略に活用されているようなキャラクターばかりだけれどもこの玉葱野郎は違う。生粋のゆるキャラであった。そいつの隣にいました、可愛いのが。



これぞ総選挙No.1マスコット、ヴィヴィくんである。生で見たのは初。ゼロックス杯で国立競技場に来ていたのだが観に行ってなかったので遂に出会えた。意外と小さかった。今までのマスコットは大概デカイのだが頭だけが大きくて身体は小さい。まるで女の子が中に入っているかのよう。ぶりっ子的な動きをするのだがつぶらな瞳に全てを許してしまう。今日だけで200枚近く写真を撮ってしまった。こんなに激写したのは今は亡き(※J2から)ガイナマン以来でした。今日は角煮まんじゅうメーカーさんサンクスデーだったらしく、メーカーさんの衣装で登場。





見てみぃ、このつぶらな瞳。いや、左下に見切れてる玉葱野郎じゃないですよ?そんなダンボールにマッキーで描かれた目じゃなくて、ヴィヴィくんの瞳です。大きい。そしてこの光沢。



この日はバトルオブ九州とあって弊クラブの宣伝部長ことニータンも遠征。久々にみた部長は営業のし過ぎか若干汚れたような気が・・・。部長お仕事頑張っているんだなという感じ。目の材質が違うのでヴィヴィくんが持つ「うるうる感」に乏しいニータン。これがあれば総選挙でも上位に行けるかもしれない。整形すべし。



こんな感じであざといポーズを連発するヴィヴィくん。玉葱野郎は手袋しているんだが、親指が逆で3本くらいしか指が入ってませんでした。



きゅうりを売らされるヴィヴィくん。地味な営業である。



営業部長はこどもの日で?幼稚園児。かばんに詰めたヴィヴィくんが長崎のサポーターさんにも大人気。あざとさにはあざとさで。この2人が揃い踏みの時は人だかりが凄かった。そろそろサッカーの話もついでに。長崎県立総合運動公園陸上競技場は今年国体のメイン会場になるのか?たぶんそうだろうけど、国体予算ビジネスで建てられた感のある運動公園内の陸上競技場。典型的な国体のために、みたいな感じのスタジアムでした。







メインスタンドで観たのですが、ちょうど真上に屋根があるかないか微妙なポジション。雨の予報もあったのですが、霧雨だったので雨具は出さずに済みましたが屋根があるけどあまり雨よけにならないスタジアムのような気がしました。高さがあるので横からは観やすかったです。



メインスタンドから見て左側がアウェイ側。この配置は珍しい方のパターンかなぁ。柏と新しくなってからの磐田もそうだっけか。大銀ドームで試合する時と違和感なかった人も多いのでは。



大型ビジョンは見やすかった。レイアウト情報が多い割に問題なく観れた。ただ、試合前の有名人応援メッセージ動画で蛭子能収が「持ってこーい!持ってこーい!」って言う動画は完全なマイナスイメージなので即刻消去した方が良いと思いました。



感心したのが、このスタメン発表後のフォーメーション表示。実際と違う部分もあると思うのだが、当日に作っているはずだから許せるレベル。アウェイ側の表示はやってそうでやってるスタジアムってそんなに無いような気が。さすがは国見高校を擁する長崎県である。相手チームのフォーメーションまで表示を必須と考えるスタジアムは中々ない。あとは「CHANCE」の表示があって、水戸でもあったけれどもコーナーキック時に表示してタオルぐるぐる回して下さい、という決まり事を作っている点。スタジアムの雰囲気を作るには手っ取り早い手法だと思う。自発的に各々がここがチャンスだと理解して徐々に歓声が広がっていくような成熟したスタジアムが理想だと思うのだけれども、観客が少なかったり、スタジアムで応援するハードルを下げるには間違っちゃいない。実際に後半は雰囲気があって押されてる感じが出ましたし。


フォーメーションの写真にもありますが、スタメンには変更あり。過密日程を考慮してか若干の入れ替えが。



田中輝希がFWでスタメン復帰。左サイドには松本怜。阪田がベンチにもはいっておらず、代わりに若狭がスタメン。


あ、スタジアムに入った後の二人の写真も追加しておきますね。











そろそろ食傷気味でしょうか。サッカーに戻ります。バトルオブ九州とあって、長崎のサポーターは初のコレオグラフィに挑戦だったらしい。どうりで何度かタイミングを練習しているっぽい感じがした。選手入場の前にネタバレしている感じというか。対する大分のゴール裏でもコレオグラフィを実施。知らなかったので驚いた。ギュッと中央に寄っていたのはもうプロである。動員人数と柄とどのタイミングでどう段取り出来たのか。毎回不思議。連動性、完成度において大分の勝ちだった。よく息が合ってました。動画も撮ったのでそのうちに。





雰囲気としてはまるで大銀ドームのよう。トリニータサポーターの声が大きかった。コレオグラフィのためにぎゅっと中央に寄ったのも功を奏してからホームの雰囲気を醸し出せていました。前半は2位の長崎相手にがっぷり四ツ。特に右サイドの為田が素晴らしかった。前節もチャージされても倒れないドリブルがありましたけど、体幹が強くてボールを奪われない。小技もズバズバ効いて前にボールを運ぶ推進力になっていました。シュートだけ枠にいかないのだけれども。これで枠を狙えるような選手になっちゃうと他所に買われちゃうんだが。


試合としては一進一退の攻防が連続して続く熱い試合だったと思います。スコアレスで終わりましたが、徐々に長崎ペースになっていくなかで良く踏ん張れたし、チャンスも作れていた。気候的に動きやすかったこともあると思うけれども両チームよく走っていたし球際も激しく戦っていた。結果はスコアレスドローでしたがトリニータにとっては価値のある勝ち点だと思います。イエローカードの数やオフサイドの数を考慮するとトリニータペースだったと言って良いナイスゲームでした。本当は勝たなければならないですけど、最低限以上の結果だと思います。




長崎ですが、スタジアムの雰囲気が後半になるにつれて「常勝チーム」のように。勝って当たり前というか、観客に勝ち癖が付いている雰囲気を感じました。おい!お前らまだ2年目のくせに何勘違いしているんだ!?って言ってやりたいですけど、上位にいますし、昨年もJ2初年度ながらプレーオフに出るという快挙を達成しているのでこんな雰囲気になれるのだろうなと思います。幸せな時間が続くに越したことはないので、継続するといいですね。ジャパネットたかた、リンガーハットと万全のスポンサー企業がいるので続くかもしれません。末恐ろしい。

次節も再びバトルオブ九州。福岡との一戦です。また今日のようにスタジアムをホームのように変え、勝利をもぎ取りましょう。福岡、嫌い。では最後にヴィヴィくんで締めましょう。

















あ、あざとい・・・・・・。


2 件のコメント:

  1. ハカイダー様

    こんばんは。
    長崎に来られてたんですね♪
    私はゴール裏のはしっこにいました。
    楽しい90分でした!
    まあピンチもたくさんあったんですが、ワーワー騒いでいるうちに
    試合が終わってしまいましたね。
    次回も楽しみです。

    返信削除
    返信
    1. issu様

      コメントありがとうございます。長崎に行っていました。GWですから。issuさんも遠征したのですね、お疲れ様でした。試合ですけど、可愛かったですねヴィヴィくん。試合内容はもうめっきり思い出せないのですが、ヴィヴィくんだけはしっかりと思い出せます。たぶん良い内容だったと思います。連戦なので選手のやりくりをしながら勝ち点を稼いで欲しいです。

      削除