2015年4月19日日曜日

2015年 明治安田生命J2リーグ 第8節 大宮戦

【大分 0 - 3 大宮】

今日は4月19日ということで、死に逝く日です。いや違う、良い句の日だそうです。色々なイベント開催を頑張り続けている大分FCさんはトリニータにまつわる川柳を募集するという企画をしていたそうです。今の状況でそんなことしたら悲痛な川柳しか集まらん気がしてならないのだが、実際はどうだったのでしょうか。私も沈痛な表情で考えてみました。

キャプテンが 一発退場 3連敗

そんな川柳しか出てこない試合でした。さらに3失点。止まらない失点。しかも入場者数がシーズンパス販売数を下回るという緊急事態。さすがにもう誰も優勝とか言い出せないレベルまで堕ちました。残留を目指して戦う今日のスタメンは4-1-4-1。





なんだかもう懐かしい感じがする4-1-4-1。最終ラインが開幕戦以来のスタメン復帰となった福森、CBでは久々の安川、コンスタントに試合に出続ける鈴木、そして若狭が右サイドバックとして戦列復帰。怪我だったのでしょうか、若狭は。謎ですが待望の復帰。この並びには不安しか感じなかったのですが、そこはダニエルがいるから何とかなるだろうと思っていました。だがしかし、その攻守の要がレッドカードでピッチ上に居なくなってしまうから大問題なのであります。


試合の入り自体は良かったですし、何としても勝利しようと各選手から意欲が滲み出ていたので、今日は期待が出来そうだなと感じていた矢先の退場だったので非常に残念でした。ジャッジ自体は、確かに両足で突っ込んだ形ではありましたが、一発レッドは厳しいかなと思いました。今日の主審のジャッジは基準がよく分かりませんでした。


退場者を出してしまってからは、耐えてワンチャンスを伺う展開にならざるを得ず、厳しい闘いを強いられましたが、エヴァンドロがワンチャンでPKを獲得。きちんと自ら決めるなら10番を背負うものとして認めてあげたいのですが、やっぱり雰囲気を醸し出すだけで決定的な仕事はできず。エヴァンドロ先発を諦めよう派の私を勢いづける、PKを外すという残念な結果で前半を終えました。このPKの判定でイエローカードさえ提示されていないのはやっぱりよく分からなかったですね。先発というか、もうエヴァンドロ自体を諦めてもいいかもしれない。ちゃんとした結果を出してくれないと。永井はどこに行ってしまったんだ・・・・。

PKを 獲得しても 無得点

そんな前半でした。後半はもう、サイドから失点しまくり。最初の失点はトリニータの左サイド。次は右、最後も右。何試合もサイドから突破されたり、早めのクロスだったりと弱点を見切られている感じがします。最初の失点が全ての始まりで、左サイドの選手は猛省が必要。


ただ、この試合を出張先のホテルからオンデマンドで生観戦した私はですね、逆にですね、燃え始めたというか、何かこうヤケクソじゃないですけど、これは本物の逆境がやってきやがったなというか、不利な状況でも走り、戦い続ける選手たちに心底頑張って欲しいと思い始めまして、何か必要とされているような不思議な感情に陥りました。病気ですね。退場者を出してから声援も不思議と声が大きくなっていったような気がしました。同じ病気ですね。


さすがに3失点もされては心が折れそうになりましたが、J1で定着するためにはJ1での残留争いに慣れていないといけないので、J2で若手に、事前に、貴重な経験をさせていると前向きに考えることで精神のバランスを保持しています。

週末に ストレス溜める トリニータ

全然最高の週末が待ってねぇじゃねぇか、スカパー!さんよ。やっぱり今日は死に逝く日だったのかもしれない。繰り返し戦力を揃えたつもりの年に結果が出ないのはやはり、根本的な原因があるに違いない。それを追求して改善出来なければ安定して戦える土壌にならない。しかし、今起きている問題はピッチ上で解決できるはずの問題のはず。中期計画の中では根本的な問題の方を解決しなきゃならんだろうけど、今年は現有戦力で中位以上の順位で戦えなければおかしい。選手たちに乗り越えてもらいたい。

0 件のコメント:

コメントを投稿