2011年5月27日金曜日

千葉対策を考えてみる

日曜日に遂に話題沸騰のジェフ千葉と戦うトリニータ。
今日はちょっと真面目に千葉対策を考えてみた。
204センチのオーロイと、ロングスローのミリガン。
注意すべきはこの二人だけじゃないけれども、
まずはこの二人を何とかしなければならんと思うわけです。


鍵は熊本戦にあった。
恐ろしい距離を飛ばすミリガンのロングスロー。
ファーまで届く、その飛距離は先制点の起点となった。
そのミリガン、この試合で気になることが。
スローイン前にベンチからもらったタオルで手を拭いていたのだ。
汗で滑ってはロングスローは威力半減ということだと見抜いた。


日曜日の千葉戦は台風の影響もあって、関東地方雨の予報。
雨降る→ピッチ濡れる→ボール濡れる→ミリガンの手滑る
つまり、自然がトリニータに味方してるのである。
ロングスロー対策、ほぼ目処が立った。
これは勝てる!


だが、試合は千葉のホームフクダ電子アリーナで行われる。
ロングスローのチャンスにカラカラのタオルが供給される可能性がある。
雨だけではちょっと不安である。
ミリガンの手をヌルヌルにする方法。
試合前の握手の時にヌメヌメの手で握手すれば良いのではないか!
前俊が手にローションを付けて、ヌメヌメの状態で握手すれば、
「オゥ・・・・マエシュンッテアセッカキ」ってミリガンが。
で、前半は完璧に手がヌメヌメ。





・・・・・ごめんなさい。





悪ふざけが過ぎました。
まぁ、ほぼ難しいのです。ミリガンのロングスロー対策なんて。
放りこまれた先でしっかりとマークして、体寄せて自由にさせない。
それしかないのです。オーロイにも、他の選手にも。
だのになぜ前俊の手をヌメヌメにさせてしまったのか。
そしてなぜ前俊を選んでしまったのか。
いや、何となくなんですが・・・。


ネタが無いなら無理にブログ更新しちゃいけないっていう
典型的な例ということで。
くだらないエントリーにお付き合い頂き、ありがとうございました。
千葉戦、雨風に気を付けて行ってきます。

0 件のコメント:

コメントを投稿