2014年8月10日日曜日

2014年 J2 第26節 東京V戦

【大分 3 - 2 東京V】

前半の出来を観ていたらですよ?後半も余裕ぶっこいて観るに決まってるじゃないですか。心に余裕を持って試合を観れる日は来るのだろうか。精神的負担が大きいので、心に優しい試合運びをして欲しいです、はい。



本日のスタメン。スカパー!表記では2トップになっていました。林のお披露目期間が完了して調子の良い風間が優先された模様。熾烈なスタメン争いになってまいりました。ボランチには先日こき下ろしたばかりのジョンヒョン再び。先日ジョンヒョンが退場した試合を録画で観ていたら試合が終わって、ラインダンスしているときに高松に押し出されたジョンヒョンが戸惑いながら踊るのを発見して、良いチームだなと思いまして。早目に挽回のチャンスを与えられたのでハラハラしつつも期待して観ていました。


試合が始まって立て続けに左サイドから2得点。伊藤のミドルと風間のシュートが決まりました。開始10分で2得点。前半は東京Vが台風の影響もあって前々泊。陸路で8時間かけて移動したとのこと。その疲れがまだ残っていたのか、トリニータが躍動。ラドンチッチに運があれば3点目すら取れそうでしたし。後半はもうボール回しときゃ良いんですから、こりゃ余裕ですわ。と思っていました。最近の東京Vの試合も観たので若干拍子抜けしました。あれ?こんなもん?っていうか。


2得点のリードもあってか、後半からジョンヒョンがベンチに下がり、末吉が入りましたが今日のジョンヒョンは退場どころかイエローも貰っていません。スカパー!の実況も解説も言っていましたが縦パスの意識が強くあり、前線にも顔を出すし、何よりも韓国で長いこと生活していたラドンチッチと直接コミュニケーションが取れるのが良いのか、なんとなく連携感がある。ラドンチッチが親指立ててグッってしてたし。今日は及第点じゃないでしょうか、ジョンヒョン。攻撃面だとジョンヒョンでも遜色ない。


東京Vが明らかに後半から攻撃に出てるわけです。そりゃそうです、2点ビハインドですし、そのままだと負けますから、バランス崩してでも攻撃的になります。特に東京Vの若手はゴリゴリきます。前半が何だったんだっていうくらい。お金がない東京Vですが、若手は後半に入ってから謎の元気さを発揮。移動で疲れていたのは気のせいか?っていうくらいに。あれよあれよと2失点して追いつかれてしまうのです。2失点目のクロスなんて美しすぎて溜息ですよ。


しかし2分後、ハーフタイムに流れたVTRで若狭から紹介された「林で細い奴は大体もやし」こともやしじゃない林が非常に怪しいPKを獲得。今日はゴールマウスに嫌われがちだったラドンチッチもPKをきっちり決めて再びリードとなりました。PKの判定は怪しかったですが、サポーターが多く陣取るゴール前ですし、みんなで獲得したPKってことで良いんじゃないでしょうか。アウェイで勝てないのも、こうした後押しがホームに比べると薄いからなのでしょうか?今季勝てたアウェイって、満員近いゴール裏でPK獲得できた福岡戦だけですし。チームが勝ち切れない分を補う何かも必要ですね。アウェイ観戦の旅に出ましょうか、皆さん。


今日の試合では東京V側にもけが人が出ましたが、松本怜も痛んでいたので心配です。ホームではなんとか勝ててはいますが、これでまた次節の京都戦でコロッと負けるのであればやっぱり波に乗り切れない。大黒とか山瀬とかがいる京都ですし、勝ち点並んでいますし、7位と8位の直接対決。次節も目が離せません。今日勝てたからこそ、意味のある試合になりました。京都戦、課題克服は成るか。

3 件のコメント:

  1. ヴェルディに2-0で勝てないところが今季を象徴してる気がしますね。

    見に行ってないけどフラストレーションたまります。

    blogに大分の選手出場時間をまとめたので、よかったら見てください。

    返信削除
    返信
    1. bookinsect様

      コメントありがとうございます。
      ヴェルディの順位は下の方ですが直近かなり手強い状況になっていて、無傷で勝つには難しいだろうなとは予想していました。試合運びが上手になるまで、我慢して育てる時期だと思うのです。皆でイライラも共有しましょう。もうちょっとで花開きますよ、きっと。

      削除
    2. そうですね。
      京都に勝てるといいですね。引き分けかな。

      削除