2016年5月17日火曜日

2016年 明治安田生命J3リーグ 第9節 FC東京U-23戦

【大分 3 - 0 FC東京U-23】



勝っていました。FC東京の若手を迎えて3得点&無失点とダイジェストを観るだけでは完勝にしか見えなかったのですが、問題はこのFC東京の若いチームがやる気があるのか無いのかよく分からないということ。久々の気持ち良い勝利に水を差す気は毛頭ないですし、毛根も死んでいるタイプのハゲではありますが、サブメンバーが3人しかいないチームと戦って勝たなくてどうするっていう話ですよね。そのうち1人GKだし、実質交代カードが2枚しかない訳で。何そのハンデって感じです。マゾっ気たっぷりのFC東京U-23でした。


そりゃまぁ相手を走らせて疲れさせれば交代カードは2枚までで、どんなに疲れた選手がいても3枚目の交代は無い訳ですから、後半に3得点という結果は相手の弱みに付け込んだ大勝利で間違いありません。内容よりも結果が求められた試合で十分過ぎる結果なので良いんだけれども。良いんだけれども、FC東京U-23はこれでいいのか?何なのか?未だ1勝のFC東京U-23はムリキ使ったり試合毎に戦力のムラも大きいし、このチームをどう運用したいのかよく分からない。我が軍と戦うとき以外は結果重視の運用を望みたいものです。





スタメンは前節と同じ前線だったらしいのですが、サイドバックに負傷者が出て右に山岸、左に久々登場の福森。たぶん福森。気合が入っていたであろう福森を生で観たかった。2トップは栃木対策だと思っていたのですが、継続。後藤が前半に負傷交代ということで大津も稼働。特にセットプレーは大津の高さが有効で、1点目も絡んでました。何と言っても気持ちが伝わってくる吉平翼の初ゴールがおめでたい。おめでとうおめでとう。


2点目も大津の効果なのか、残念になるくらいダニエルのマークが外れまして、ドフリーでヘディング出来ればそりゃ決まるよねっていうゴールでした。ダイジェストの動画を注視すると分かるのですが、あーあっていうくらいにFC東京DFのマークが外れています。前節の栃木でやられた1点目をここでやり返した感じ。3点目も大津のドリブルが効いているし、素晴らしい勤務でした。


怪我人が多いのが気になるところではありますが、次節もU-23系チームとの対戦。3点目のゴールのイメージが素晴らしいのであれは次の試合でも期待大。久々のスカパー!生中継。映像で観れるので非常に楽しみ。

0 件のコメント:

コメントを投稿