2016年10月16日日曜日

2016年 明治安田生命J3リーグ 第25節 長野戦

【長野 1 - 0 大分】



南長野に行ってきました。今シーズン最後の観戦になる可能性が非常に高かったのですが、残念ながら長野の守備を崩せずに敗戦となりました。今シーズンも沖縄から始まって長野まで負けを多く観た気がします。阪田の奮闘以外は特に記憶に残ったシーン少なめの印象です。最後の最後、ラストプレーが一番よろしくない方の印象として思い出になりました。















専用スタジアムとあって南長野のスタジアムはとても楽しみにしていたのですよ。とにかく観やすいスタジアム。俯瞰から観たい勾配大好きおじさん大満足でした。前々節かな?サポーターが居残ったという、J3をも殺伐とさせる長野市民が良い雰囲気を作り出す。トリニータ側サポーターも創意工夫で空席を青く染める。アウェイ側は横断幕を張るスペースが少ないことだけが残念ですかね。











我が軍のスタメンは、変更あり。勝っているときはいじりたくないんだけれども、U-19日本代表に2人送り出しているので色々といじらなければならない事情あり。



スタメン的にはサイドバックの岩田が不在のため、福森を左サイドバックに回して、ダニエルをセンターバックに追加。ここまでは想定内。右サイドの清本がスタメン落ちして松本怜がリーグ戦では久々のスタメンに登場。三平は怪我なのか不在で、意外にもキリノが先発。前線も結構代えたのは意外。どうせなら代えちまえ、これが良かったのか?悪かったのか?冴えない攻撃は我が軍のせいなのか、長野の守備が堅かったのか。少なくとも我が軍に立ちはだかるのはエースストライカーセンターバックの鳥人阪田さんでした。



前半、山岸キャプテンはコイントスでサイドを変更。風下を選択したっぽかった。前々泊したとか、色々とアウェイ対策というか創意工夫はやれることはやったと思うのだけれども、やること全て空回りだったような気がします。結果論かもしれませんが、阪田の情念が上回った試合。長野の守備は堅かった。前半は両チーム手堅い試合運びをしているものだと思っていました。試合前にかなり水を撒いたのに蹴り合って空中戦ばかりの試合の入り。両チーム同じように落ち着いて、五分五分だったと思います。ただ、後藤もキリノも全く決定機に絡めていなかったので攻撃面では上手くいってなかったとは思いました。



後半早々に失点したのですが、守備陣のマークのズレが気になった時間帯でした。先に失点したのでリスクをとって攻撃を始めたのですが、どうもこじ開けられない。伊佐、山口(若い方)、高松と選手を入れ替え、3バックに移行しても何やってもゴールを割れず。ダニエルまで前線に残してパワープレーを続けた最後の最後、コーナーキックでラストワンプレーの状況で修行まで駆け上がる。キッカーの後藤のキックは芝に足を取られて直接ゴールを割るというズッコケタイムアップ。勝ち点を1つも持って帰れませんでした。



個人的には後半戦の山場の、最後のアウェイでは引き分けで十分だと思っていたのです。長野は栃木戦と鹿児島戦をまだ残している状況なので、生かさず殺さず、勝ち点を分け合うのがベストだと思っていたのですが、完全に復活させ過ぎてしまいました。逆にひっくり返される可能性まで与えて、混沌とした残り5試合に拍車をかけて帰ってきました。これもう最後まで分かんねぇな状態です。山場を自ら作り出して行くスタイル。



最後の最後まで分からないと思うので、慌てた場合にどうするかをもう一度見直すことができるのが得られた教訓でしょうか。パワープレーも見直しですね。2位以上死守のために次節は負けられません。盛岡戦に切り替えましょう。泣いても笑っても残り5試合。気合入れなおし。

2 件のコメント:

  1. 中津トリサポ2016年10月22日 12:12

    お疲れさまです。
    自分は掲示板でエールを送ってましたが残念でした。
    優勝が遠のいてしまいましたが、諦めずに頑張りましょう。
    残り5試合全勝しましょう!
    明日の盛岡戦行ってきます。

    返信削除
    返信
    1. 中津トリサポ様

      コメントありがとうございます。諸々の応援お疲れ様でした。長野戦は残念でしたが、ホームでの応援のおかげか盛岡には勝利できましたね。また優勝の可能性も出てきてやっぱり最後まで分かんねぇなこれ、ですね。残り4つ頑張りましょう。

      削除