2017年3月26日日曜日

2017年 明治安田生命J2リーグ 第5節 熊本戦

【熊本 0 - 1 大分】

新シーズンのレプリカユニフォームが開幕戦に間に合わないダービーをDAZNで生観戦しました。熊本のユニフォームはプーマロゴが飛び出す感じと、クラブエンブレムの馬が飛び出す感じがナイスバランス。


適当に見つけたサンプルの写真が偶然、過剰にガチムチ系ですけど、大胸筋から動物たちが飛び出す感じが良い。我が軍の新しいレプリカユニフォームはまだか。


なぜか竹内が凄く細く見える。スタメンは変更。福森はベンチにもいない。岸田が3バックに入り、左サイドには地元出身の黒木を抜擢の3-4-3。残念ながら兄弟対決は実現しませんでしたが、高いモチベーションが良いプレーに結びついていました。ワントップは引き続き伊佐となりました。怪我人が増えていないことを祈りたい。練習試合で何度も戦っているはずで、お互いの手の内は知っている同士、スタメンを変えるのも色々な駆け引きのうちか。


熊本は震災の影響でまだバックスタンドを利用できない様子。シーズン前の予想通り、清武さんちの三男さんが移籍した攻撃面の穴を埋め切れていない印象。攻撃力が薄れた分、勝ちきれない状況が続いている。しかし、我が軍の公式さえ認めてしまうほどに鬼門化しつつある程に勝てていない状況が何年も続いており、我々にとって第2のジェフ化を防ぐためにもそろそろ勝っておかなければなりません。ジェフに比べれば内容的にも全然苦手意識が出るほどの負けっぷりではないんだけれども。


試合の入りは五分。ここ数試合に比べると前半の出来は良かった印象。自陣最終ラインでのボール回しから繋いでいってチャンスを作るトリニータの攻撃はピンチこそがチャンスになるという挑戦的な駆け引きが必要になる戦術。攻撃の質が高くなったように感じるのは、この戦術にチャレンジしている監督と選手達が良い信頼関係があるからだと確信しています。観ていて危ないと感じてしまう場面も、選手達には落ち着きを感じる。このチャレンジは応援したい。去年は現実的なところでバランスを重視しましたが、今年の前半戦はやれるところまでやって欲しい。


試合が動いたのは前半終わり際。後藤のシュートが立て続けに枠内に飛んだのが良かった。右サイドからのパスを受けて、前線からちょっと引いたポジションからミドルシュートを放った後藤。GKが弾いたのを伊佐が反応良く詰めての先制点。後藤もシュートの精度が試合の中でも発揮できるようになったし、伊佐も90分フル出場していますし、FWの成長が止まりません。伊佐は足を攣るイメージだったのに、いつの間にか90分戦えるFWになってしまっています。すべてのプレーで全力を出すのではなく、行くところは行く、抜くところは抜く、という高松先生の教えが脈々と受け継がれている模様です。この先生から頂いた賄賂をFW陣に残していければ攻撃陣はしばらく安泰でしょう。ここに翼が絡む日を心待ちにしています。


前半の1点が勝負の決め手になったのですが、今日も後半の方が良かった。こうなるともうわざとやっているような気がする。前半相手を走らせて、後半にとどめを刺す。そんな試合運びの意思。後半に多く作れたチャンスでもう1点取れれば完璧でした。危ういシーンもありましたが、今日は自陣ペナルティエリア内の混戦からも無事に掻き出して無失点。ただし、ピンチになればなるほどチャンスですから、受けた分だけ攻めに転じられる風車の理論と呼ばざるを得ません。猪木イズムで見事3勝目となりました。鬼門封じの卍固め。勝ち星先行。


今シーズン2敗しているのですが、敗北を喫した徳島も東京Vも勝ち続けて絶好調の2チーム。その2チームには惜しくも負けたものの、内容的にも接戦に持ち込めていたのでやはり今シーズンの開幕戦で感じた手応えは確かなもののような気がしてきました。相手の9を引き出して10で倒すのが風車の理論ですがあの2試合は若干引き出し過ぎただけです。来週ホームに帰ってまたやってやりましょうよ、どうですかお客さん?



0 件のコメント:

コメントを投稿