2013年8月18日日曜日

2013年 J1 第21節 浦和戦

【浦和 4 - 3 大分】



ジェットコースターのような、高く高く上げられてから下に叩き落とされるような試合展開でした。「まだ死んでいない」横断幕も出ていましたがまさにそんな心意気、テーマでこの試合を観に行きました。埼玉スタジアムってのは日本代表戦が行われまくっている素晴らしい専用スタジアムで、アウェイ民にとってはアウェイ感を最も感じることの出来る特別なスタジアムなのです。他のスタジアムでは経験できないような雰囲気を感じ取れます。ここに来たのは4年ぶり。このスタジアムで勝利を得て這い上がれるのか?結果は超絶、残念過ぎるものになりました。







大銀ドームとは違って、風通しが良く、アウェイゴール裏は日陰でまったりと観戦できました。夏休みとあって家族連れなど沢山のサポーターが。









スタメンは前節から、センターフォワードだけの変更。


高松が累積警告の出場停止で松田に。


試合開始間もなく、3点入ったんです。3点。立て続けにダ、ダ、ダーンと。打てば入るというボーナスステージ。前回の大銀ドームでの対戦でも立ち上がりに2点入りましたが、何なんでしょうかこの浦和の立ち上がりの悪さは。いやトリニータが良かったのか?前線の選手が積極的に走り回っていました。毎回準備してきたことが試合の立ち上がりの短い時間に発揮される。そんな感じなのですが、3得点出来てしまったのでさすがに今日は勝てるだろうと思いましたよ私も。得点する毎にトリニータのゴール裏は徐々にボルテージが上がった。3点後なんかもうお祭り騒ぎです。暴れて荒れ狂う訳です。でもどこか冷静な自分がいて、得点が早すぎるというか、耐えられるかなと不安はありましたけどね。


前半のうちに1点取られ、後半は交代した直後のマルシオ・リシャルデスにFKを沈められた時点であぁもうこりゃ大逆転あるなと、そんな雰囲気でした。PKを献上し、追いつかれた時にはもう既に死んだ魚のような目に。後半35分あたり、一番苦しいであろう時間帯に浦和ゴール裏からの「We are REDS」の大合唱。知ってますよ、あなた達レッズですよと毎回思うのですが、こちら側の一般人が威圧されるレベルの声量。最後の一押しをスタジアムから食らったその数分後に逆転ゴールが生み出される。埼玉スタジアムの雰囲気はこれ以上ないもの。あの浦和でさえ、一時期よりも人数は減った感じがしたけれども3万2千人が入っていた。2週連続で最高のスタジアムの雰囲気は味わえた。試合は面白かったですけどね、浦和の人たちは最高だったでしょう。楽しんでいただけたでしょうか?状態です。我々のダメージはこの上ない。3得点はどれも素晴らしかったけれども。あと、スタジアムの大型ビジョンに映る映像の作り方がとても素晴らしく、レベルが高い。アディショナルタイムを掲げる第4審判員を即座に映しだすし。素晴らしい画作りでした。


丹野のキックが珍しく正確で、ゴールキックが直接サイドラインを超えることが無かったのが意外でした。何か変えたのか、ブーイングされるとピリッとして正確なキックが出来るようになるのか不明ですが。


3点先制してから負けるということがどういうことなのか、プロの選手たちが一番分かってるはず。一緒に観に行った常連の親友は「今シーズン俺もういいわ」と言い出す始末。返り討ちにも程がある負け方でしたが、試合はやってくる。次節は広島戦。日本代表のGKから得点を奪えるか。












0 件のコメント:

コメントを投稿