2020年1月26日日曜日

不撓不屈




2020年のスローガンが不撓不屈と発表され、チームもキャンプイン。私はどっぷり怠惰な週末を過ごしおりましたが、後藤の移籍ショックからも立ち直り、そろそろ心を入れ替えて不撓不屈の精神でブログを書こうとキーボードを叩くことにしました。26日間のシーズンオフでした。今年も無事にスローガン予想がハズレた訳ですが、四字熟語路線継続は的中。「勇」の字で3年連続だとやはり選択肢が少な過ぎたので変えてくれたことは最大限の評価が出来ると思います。上を目指す場合も下で苦しむ場合も使えるナイススローガン。やはり大分FCはスローガンを付ける能力だけは高い模様です。2019年は残念ながら横浜Fマリノスと「勇猛果敢」が被ってしまったので、今年もどこかのチームと被っていないか、念のため、念のために調べておきました。一応ね、一応。



早速出たのが2014年のガイナーレ鳥取。6年前なので時効です、時効。セーフ。鳥取のスローガンはJFL時代の2009年に「強小元年」を皮切りに毎年毎年、年号的に使っているのが面白い。その強小六年にあったのが不撓不屈。何なんだ強小六年っていう違和感しかない語感は。寛永六年とかならしっくりくるけど、小学生っぽさが出てしまうのが否めない。ちなみに今年は強小十二年。鳥取サポーターだけが使うガイナーレ年号。年号て。概念が凄い、概念が。ガイナーレ概念。



もうひとつ出て来てしまった2020年の不撓不屈スローガン。しかしこれは一般社団法人因島青年会議所のスローガンなのでセーフ。Jリーグじゃありませんでした。セーフ、セーフ。というか、青年会議所に毎年スローガン必要ですか!?広島県尾道市因島と共に歩む2020年、不撓不屈。


ちなみに既に発表されたJ2のスローガンのうち、3チーム程が独特だったので紹介したい。したくてたまらない。



まずは大宮アルディージャ。予算と戦力は充実していたのにまたしてもJ2に残留してしまった方の埼玉。何故昇格できないのか、その理由を「あなた」に丸投げするスローガン。また昇格出来なかった、だからあなたが必要だ。お前の応援が足りないからこうなったんだと言わんばかりのスローガン。選手も監督も入れ替えて臨んだのに!それでもダメだった!だからあなたが必要なのだ!俺たちはもうダメかもしれない!だからあなたが必要だ!外側に向いているスローガンって珍しい気がする。WINWINの関係になれると良いですね!



続いてJ2に舞い戻ってしまった松本山雅。「口先だけのワンソウル」という2019年Jリーグ流行語大賞を生み出したチームのスローガンは捲土重来をもじって捲土雷鳥。何言ってるのかよく分からない。シンプルに分からない。普通に捲土重来で良かったのではないのか。雷鳥にしてしまったら撃ち落されてのたうち回って土埃を巻き上げる雷鳥っぽくなってしまわないのか。飛べ、飛ぶんだ、土から飛んで頂きを目指せ雷鳥。




最後にレノファ山口。GO CRAZYですって。狂ってしまった。どんなに選手を見いだして育てようともJ1に巻き上げられ続けるレノファ山口。遂に狂ってしまった。むしろ狂いに行くという所信表明。育て狂うつもりです、レノファ山口。素晴らしい路線。長期的な展望のある山口ではあるものの、昇格するには狂うしかない。諸君、狂いたまえの精神。素晴らしいよ。


スローガンを発表しているクラブもあれば、発表していないクラブもありマチマチの状況。プロ野球のキャッチフレーズは昇格も降格もない業界なので、垢抜けている印象を持っていますが、Jリーグは悲壮感があって良い。スローガン大好き。スローガンに関しては大分トリニータは本当に真面目。今年のスローガン、不撓不屈の精神で突き進みましょう。

2 件のコメント: