2017年7月2日日曜日

2017年 明治安田生命J2リーグ 第21節 千葉戦

【千葉 4 - 1 大分】



J2の中ボス、ジェフとの試合を観戦してきました。惨敗の歴史をまた1ページ刻んでしまった。大分トリニータにとって、ジェフユナイテッド千葉は天敵中の天敵。農民が年貢を納めるがごとく、当然の様に勝ち点を奪い去っていくその姿は正に情け容赦の無いお犬様。そのお犬様、シーズンも折り返しだというのに初の連勝という、珍しいほどの苦しみっぷり。だのに我が軍には滅法お強いんだから嫌になっちゃう。


得点パターンも豊富だし、なぜ我が軍よりも下の順位にいるのか?答えはハイリスクハイリターンの戦術にあったのですが、ただ、我が軍に対しては戦術だろうがなんだろうがとにかく千葉なら勝ててしまうような気もする。




対する我が軍は現在考えられるベストメンバー。それをもってしても4失点してしまうこの体たらく。1得点出来ただけでも上出来。4得点した次の試合で4失点してはならぬ、ならぬのです。



2年ぶりに訪れたフクダ電子アリーナ。道すがらマスコットが道に埋め込まれていたのでキチンと一つずつ踏みながら歩きました(※犬に対する憎悪)



優良銘柄フクダ電子の冠が付いたスタジアムでソーセージを食べ、スタッフジャンバーかと思いきや蛍光色のレプリカユニホームに身を包んだJ2の中ボスサポーター達に迎えられました。



ジェフ側ゴール裏の横断幕、毎年スローガン的なやつが掲げられていた気がするのですが、我々がJ3を彷徨っていた間に「連勝」という信じられないくらいハードルが低い目標になってしまっていることに目を疑いました。漢をみせろとか、絶対J1とかそんな感じだった気がするのですが、いまや連勝。我が軍もですね、もう存続してくれればそれで良いと、くるぶしくらいまでハードルが下がっているクラブなので他所様のことは言えませんが、もう諦めムードも漂っていた気がするんですよね。それじゃダメだと思うんです。千葉は。お金ある方なんだから。そこで元気を取り戻してもらうために年貢を納めるのが大分トリニータですよ。(※血の涙を流しながら)



ジェフの最終ラインが異常に高い位置をキープし続ける、という噂は私も聞き及んでまして、そのせいでブロックを築いて待ち構えるJ2でお金の無いクラブにカウンター決められて、支配率高いのに勝てない、みたいな状況なのは分かっていました。



前半、確かに位置取り高く、ゲームを支配し、相手陣内に押し込み続けるジェフなのですが、逆に押し込み続けていることでトリニータは守備に追われているものの、守備の人数は揃っているせいでさほど危険を感じない状況に、あぁこれか。という思いしかありませんでした。ラリベイで基点を作られていて、厄介ではあったものの、無失点で凌げさえすれば、どこかで裏にボールが転がって、それを後藤が蹴り込めば勝てる、そう思いました。


しかし、前半DFが揃っているのに先制を許してしまう。それが清武さんところのお子さんのファンタジックなプレーなんだから仕方がない。シュートは上福元がブロックできたものの、船山に押し込まれて失点。この失点が「何とかなるだろう」の大前提となるゲームプランを崩しました。


特別な千葉対策というよりも、いつものやり方をしていた前半だったと思うのですが、単純なミスが多く、攻撃の時間は作れませんでした。後半頭から動き、山岸に代わり松本怜を投入。しかし、事態が好転を見せる前に追加で失点。割とあっさりと。さらに難しくなってしまいました。この後、千葉が時間を使いながらカウンターに切り替えたためボールを保持して攻められるようになりましたが、セットプレーでまたあっさりと失点。後藤のゴールでようやく反撃の狼煙を上げるも、ミスからカウンターを受けて4失点目で勝ち点獲得の可能性は潰えて終了となりました。


2失点目、3失点目がお話になりません。1失点はあり得ることなので、仕方ないとしてもあの2失点目と3失点目は試合の流れを決める上で、本当にどうしようもない。猛省必須。にしても、全般的にプレーの質がよろしくなかった。守備陣だけでなく、攻撃陣も分かっているはずなのにオフサイド判定され過ぎ。フクダ電子アリーナがやりづらいのか、何なのか。J1で降格が決まってしまっていて、もうどうにでもなれ、という精神状態にでもならないと勝てないものなのか。


こんなにうちには強いのにジェフは順位がうちよりも下なのが納得いかない。ジェフは降格以後、監督を替えたり、逆に替えずに我慢をし、それでもダメでもう逆に選手をバッサリ替えて、それでもダメそうだからリスクある戦術大好き外国人監督にしてしまってと、ありとあらゆる手を尽くしているとは思うのです。逆に逆に、で色々なことを試しているのですが、1つだけ試していないことがあると思うのです。そう、大銀ドーム不敗ジンクス。フクアリでは我が軍がジェフに勝ったことがありますが、大銀ドームでは未だ無いのです。これ、裏を返せばですよ?ジェフ、大銀ドームで負ければ昇格できる説に繋がると思いませんか?まだ試していないことと言えば、これくらいだと思うので後半戦にご検討頂きたい。(※切実)



と、まぁこんなことくらいしか書けないくらいの負けっぷりでございました。ただ、シーズンの折り返しまで来て、勝ち点32です。今年の目標45に対する進捗率は71%となります。残り21試合で達成は難しくないはず。J2残留を確定させ、プレーオフ圏内を目指せるかどうか。この前半戦の内容から考えると、取りこぼした試合と感じる試合も多かったので更に上を目指せるポテンシャルはあるはず。ジェフに勝てないなら他に勝てば良い(※アントワネット的思想)で、後半戦に期待しましょう。


2 件のコメント:

  1. お疲れ様です‼️
    私も参戦しました❗仙台から車でですよ(*´・ω・`)b
    常磐線が繋がってないので……駐車場のチケットも1000円も出して買ったのに……
    でもサポーターの後押しは凄かったですよ(*´・ω・`)b

    次こそは……次こそ……ですね🎵

    返信削除
    返信
    1. 自転車最高様

      コメントありがとうございます。千葉戦お疲れ様でした。車ですか・・・・辛い試合でした・・・。あと半分のシーズン、頑張りましょう。

      削除