2017年7月16日日曜日

2017年 明治安田生命J2リーグ 第23節 愛媛戦

【愛媛 2 - 2 大分】

いつの間にか天皇杯も終わってしまって、今年も元旦に試合を観る夢は露と消えましたがリーグ戦は続くのです。DAZN生観戦でしたが、18時キックオフでも愛媛県民の身体からポンジュースが滲み出そうなほどの暑さが伝わってくるレベル。過酷な環境にも関わらず試合をする選手、海を越えて応援に行くトリニータサポーター、ブラックモンブランかじりながら涼しい部屋で観戦する筆者。週末って良いですね。


この試合で最も驚いたのは川西が日焼けしていない真っ白な腕を露出する半袖を着ていたことではなく、やはり大津の抜擢でしょう。一部サポーター内では川西の腕は人体錬成に失敗して機械化されている説もありましたが(※ない)注目すべきは大津です、大津。左手が寄生獣説もある(※ない)岸田でもありません。大津耀誠です。なかなか出番がなかった大津をここでスタメン起用。天皇杯で退場させられた後藤に替わってのスタメン&シーズン初登場。片野坂監督は時々スタメン抜擢系布陣を使いますが、今まで抜擢された選手が気負いすぎて空回りする印象しかなく、不安しかありませんでした。しかし、大津落ち着いていました。


対する間瀬監督率いる愛媛、4月に戦った際は試合途中で無理せずブロックを築いてカウンターを狙う戦法に切り替えて先制も、終了間際に林のゴールで追いついて勝ち点1を分け合うという結果に。今日も当然の如く河原に決められる訳ですが、試合自体はアグレッシブで愛媛の前線のハードワークが冴えわたる愛媛のゲームだったと思います。


試合の入りから愛媛の前線がカッチリとプレスをハメ、ボールを保持されてしまう展開となり、もうこれ絶対失点するだろうという匂いがプンプンでしたが何とか無失点でしのぎ切りました。特筆すべきは半袖川西からのロングボール1本で裏に抜け出し、完璧なトラップで先制ゴールを生み出した大津耀誠。1トップに入って見事に結果を出しました。今まで悔しい思いをしていたでしょうけれども、素晴らしいトラップとゴールでした。ミスターの系譜をFWやポストプレイヤーに求めてしまいがちな大分トリニータサポーターにとって、1トップに求めるハードルは高めになりがちですが、実績を残し、議席獲得出来るようになるまで頑張って欲しいものです。


後半の立ち上がりに、前半にもミドルシュート打たれて失点しかけていたのに、似たような距離感から河原にミドルシュートを決められて同点に。すぐに伊佐を投入するもちょっと運も無いような展開からさらに失点。逆転を許してしまいます。ここから得点出来るような雰囲気が無かったので、もうダメか・・・・。と諦めかけたその時、全く効果的に観えなかったパワープレーの中、愛媛GKがファンブルするというミス。それを途中で入った前田が押し込んでまたも試合間際に痛み分けとなりました。前田、男前過ぎる。


愛媛にとっては成長の無い試合、トリニータにとっては課題が露呈しまくった試合。海を挟んでの海峡ダービーでしたがお互いにまだまだってことでしょう。特に守備面で最終ラインが引きすぎな気がしました。次節は脅威の新人、坊主の前田大然がいる水戸戦なので守備陣は引き締めないとよろしくない。余談ですがJ3を経験した後だと家本主審が神のクオリティに思えた。


アウェイで負けなかっただけマシではありますが、次節はホームで勝たねばなりません。これまたハードワーカー水戸相手に勝ちきれるかどうか。水戸の守備陣は強固だった印象なので、休んで元気いっぱいであろう後藤に一仕事お願いしたい。個人的な印象なのですが、前半戦で最も守備の強さを感じたのは水戸なのです。水戸は隙があるのであまりそう見えないのですが、守備陣の大分対策がきっちり出来ている印象。順位を上げるには倒すしかない。ゴールするしかない!



0 件のコメント:

コメントを投稿