2018年11月14日水曜日

2018年 明治安田生命J3リーグ 第31節 YS横浜vs盛岡

【YS横浜 2 - 3 盛岡】

土曜日の試合に向けて、落ち着かない1週間をどうお過ごしでしょうか?少しだけの気分転換に更新してみました。J3です、J3。J3を観戦しに行って来ました。この試合の組み合わせを見てピンときたあなたは江頭マニア。週末に盛岡で奮闘中の江頭の様子を観に行ってきました。親戚のおじさん気分です。うちの子が元気でやっているのか心配で仕方ありませんでしたが、少し前の試合で凄いプロ入り初ゴールを決めたらしいじゃないですか。



北九州戦で凄いゴールを決めるとか、九州に戻りたくて仕方ない気持ちが溢れ出して止まらないんだろうか?様子を見に行ってみよう、ということで2週連続三ツ沢へ。ニッパツでは高校サッカー選手権予選が開催されており、J3は奥の方にある陸上競技場で開催。初めて行きましたよ、三ツ沢の陸上競技場。





久々のJ3観戦でしたが、ベンチがテントとパイプ椅子で作られており、運動会っぽさが滲み出ていました。改めて思いました、J3怖い。





居ました江頭。ユース時代からそんなにじっくり見てないので身体がしっかりしたとか、大きくなったとかは判断できず。そんな私でも分かったことは髪形がおしゃれになっていたことくらい。何度も横分けにする仕草をしていました。元気そう。そしてスタメンでした。背番号20番。盛岡は我がトリニータと同じフォーメーションで戦っていて、江頭は左サイドハーフ。我が軍で言うと星のポジション。ボランチじゃなかったのか。











試合はYS横浜DFの惨いトラップミスで始まり、早々に盛岡が先制して始まりました。J3怖い。ちょっと驚いたのですがYS横浜までもがハイラインのハイリスクサッカーを展開していて、マリノスのせいで横浜界隈でハイラインが流行してしまった模様です。退任が決まっている樋口監督、こんなサッカーだったっけか?という印象。もう最終ラインがラインですらなく、相手陣内に全員が入って行って前線に集めた数で殴るスタイル。その上でDFが危うい。J3怖い。















江頭は左サイドに居ましたが、YS横浜がハイライン過ぎる影響で裏に一本通そうとする盛岡の攻撃の狙いが、当然そうなるわな、という戦術のせいでサイドにボールが展開されることは極めて稀で、この日はボールにあまり絡むことなく、得点にも失点にも絡まずに淡々と仕事をしていた印象。スローイン要員でした。試合中も盛んに髪を横分けに。スローインから横分けにしてのスローイン。



試合は先制した盛岡が何度も決定機を外し続けて前半を終え、後半に唐突にYS横浜が2得点してあっという間に逆転。選手交代をした盛岡が2得点して再逆転して盛岡の勝利となりました。J3怖い。FKの得点だけ動画で撮れたので超絶久々に動画をアップロードしました。



ハーフタイムには全く見たことも無いマスコット達が徒競走。緑色の熊っぽい奴の足部分が繋がっていなくて途切れているのが気持ち悪い。J3怖い。













優勝した横浜開港祭のマスコット、ハマー君から溢れ出る1980年代原宿感。J3怖い。









後半、選手交代後にサイドからボランチで中盤の底に移動。90分フルタイムで稼働。信頼はされている雰囲気。ボールは回ってこなかったけどハイライン過ぎるYS横浜のせいだと思われる。





J3も残り試合も少ないですが怪我だけしないように頑張って試合に出続けて欲しいなと思います。若手は試合に出て、コンディションを整えるサイクルを知ることが重要だと思います。残念ながら試合中に存在感は発揮できていませんでしたが、昔見た後藤もここまで活躍できる選手になれるとは全く思えなかったので未来は全く分かりません。ヴェルスパにいた時の後藤を1度だけ見た時は試合にも余り絡めていなかったし、将来J2で2桁ゴールを決める男になるとは全くもって微塵も感じさせなかったので、私自身の若手を見る目の無さを痛感します。江頭も将来どこまで伸びてくれるのか。後藤よりも活躍出来ているので有望かもしれない。来年戻れるのか、修業が続くのか。取り急ぎ髪形はスプレーとかでカッチカチに固めれば良いんじゃないんだろうか。ふわっと横分けにしたいんだろうか。





遠い地方で戦っている同期達もバラバラになっていますが、各々頑張って欲しいです。来年J1で戦えるかもしれない状況にあるので尚更気合と根性で戻る意思が必要です。この若手たちが我が軍の礎。しかし、久々に観たJ3はやっぱり恐ろしい場所です。J3には戻ってはならない。再認識できた週末となりました。優勝、昇格争いのハラハラの方が2000%マシですね。

2018年11月10日土曜日

2018年 明治安田生命J2リーグ 第41節 金沢戦

【大分 2 - 1 金沢】



おい、やっぱり昇格の女神がこっち見てっぞ、そんな試合でした。横浜FC、金沢、山形の3チームとの対戦を残していた時点で、個人的には前に出てくる意欲のある横浜FCが一番勝てそうだなって考えていたんです。金沢と山形との対戦の方が難しくなるであろうと。その横浜FCに逆転で負けてしまって暗雲立ち込めた前節。立て直せた!とまでは言い難い内容でしたがプレッシャーに打ち克ち、やり辛い相手になんとか勝利をもぎ取った。素晴らしいホーム最終戦となりました。


ちょうど10年前の11月、ナビスコカップ決勝、国立競技場でのコレオグラフィと同じデザインで選手を迎えるゴール裏。縁起物です、縁起物。長く応援してきた人にはグッとくるデザインですし、最近応援し始めた人はこの日の結果が素晴らしいものになったので、やっぱり縁起物として記憶しておきましょう。めきっきりブログを書かなくなった熊猫さんの写真が素晴らしいので借りました。



これです、これ。懐かしい。今日も素晴らしい結果を呼び込んでくれました。一体誰が、どれくらいの時間をかけて準備しているのでしょうか?誰にも褒められず、それでもクラブのために無償の献身を続けている人達がこのスタジアムには沢山いるのです。ありがたい話です。DAZNで生観戦していましたが、昇格争い真っ只中でのホーム最終戦とあって観客は多め。この日、募集されていた広告に野太いタニマチの存在感を放つ大分出身アイドルの支援者達からの贈り物が凄かった。


台車製造業者の仕業としても出来過ぎである。質がえげつない。自己紹介が張ってあったり、ナンバープレートはニータンの誕生日だったり、「さしこ」で345だったりと芸が細かすぎる。完全にプロの支援者の犯行。この台車1台だけで記事が2~3本書けるレベル。大切に20年間は使おう。指原様と指原様を応援する方々、ありがとうございました。



スタメンにはやっぱり前線に変更あり。10月のJ2月間MVPに選出された三平をベンチに追いやってスタメンを奪取したのは伊佐、馬場、清本という前線。意外だった清本の抜擢。しかしほとんど実戦で組んでいないこの前線、連携で息が合わずに馴染むまでに前半ほぼ全てを必要としてしまった。


対する金沢は間近で見るとデカくて怖い柳下監督の元、質実剛健なサッカーを展開しており、直近の試合で福岡、大宮と引き分けるという面倒くささっぷり。今日の金沢も前からボールを奪いには来ず、ブロックを作って待ち構える守備の形でした。特に我が軍のボランチ丸谷と前田へのプレッシャーが厳しく、攻撃的な展開を生み出せないという状態に。緊張というよりも戦術的な問題で堅い展開になってしまったと感じる前半でした。前線が噛み合い、シュートを打つまでに40分も費やしてしまった。


後半に入った直後に得たFKで鈴木がシーズン初ゴールを決めて先制に成功。前節横浜FCにやられまくった角度、場所に似ている得点。キッカーを務めたのが清本。素晴らしいFKでした。中盤と前線との組み合わせの相性により質の高いプレースキッカーよりも流動性を重んじた今シーズン。堅くなる試合を想定して、セットプレーでの期待値を高めるためのスタメン清本だったのではなかろうか。ここに来て清本の特性が活きて、ようやくセットプレーでDFが得点出来ました。伸びしろと言い続けた部分、遅ればせながら伸ばせました。


しかし!!前節同様!堅い試合の中でも先制出来る!得点が取れる素晴らしいチームなのに!この後に!前に出て来た金沢の勢いを!まともに受けて!同点にされるところまで前節と同じ展開にしなくても良いのに!!わずか7分後に失点で試合が振り出しに戻ってしまう。もったいない。金沢の攻撃は縦パスと長身FWのタメが面倒で、そこにサイドから清原が絡むという二重三重の面倒くささっぷりでした。耐えきれなかった。


ホームでどうしても勝っておきたいトリニータは月間MVP三平と川西を2枚同時交代で投入。丸谷を下げて川西を投入し、疲れの見えた清本に代えて後藤を投入するという攻撃的采配が実を結んだのは86分。左サイドでボールを持った川西が中に切り込んでのシュート。これには痺れた。


わたし、昇格圏内を諦める精神的予防線を張り始めた矢先の出来事だったのでテレビの前で変な声出てしまうくらい嬉しかったです。プレーオフになればなったで、まだ試合が観れるし悪くないなぁ・・・なんてポジティブに考えようとしていたので落差が凄い、毎週精神的落差が。龍門の滝くらい落差ある。観ているだけなのにぐったり。しばらく試合に絡めなかった川西がですよ?腐らずに戦い続けて来てくれたからこそのゴールですよ。試合に出れていない選手のために、出場している選手が頑張ろうという試合後のインタビュー。本当に常日頃考えていないと、ああいう場所で言葉にするのは難しいはず。想いのこもったゴール。ボランチなのにまるでFWのような動きじゃないですか!なんなんですかこの人!なんでボランチやってんだろうね!なぜFWから転職してボランチにいるのか。FWから転職して市議会議員やるくらいに謎。10年前はあんなに襟足が長かったのに、市議会議員て。閉じかけた未来への扉をこじ開ける素晴らしいゴールでした。前髪が長い川西も将来短髪の市議会議員になる扉を開けたかもしれません。(※開いてない)


ここからリードした後の金沢のパワープレーに戦慄しつつ、4分という永遠に感じたアディショナルタイムを超えて無事勝利。安堵感に溢れる勝利と、来週に繋げるホーム最終戦セレモニーが出来て本当に良かった。お通夜みたいなセレモニーをするようなシーズンじゃないので本当に色々な人が報われて良かったです。監督の声が枯れているかどうかを気にする観客ってのはどうなのかと思うけれども、結果良ければ全て良し。


これで日曜日に試合をするクラブに無言のプレッシャーをかけることも出来ますが、気にすることはありません。目の前の1勝に集中するのみ。町田が10得点くらいしない限り大丈夫です。最後に山形で待ち構えるのはあの木山監督率いるモンテディオ山形。ただでさえ因縁深き山形との対戦のうえに、千葉を率いていた2012年に国立競技場で大分トリニータの昇格を見届けた強烈な因縁を持つ監督。絶対に燃え上がっているに違いない。リーグ戦最終節、決戦の90分。勇気を持って邁進しましょう。勇往邁進!


2018年11月4日日曜日

2018年 明治安田生命J2リーグ 第40節 横浜FC戦

【横浜FC 3 - 1 大分】



J2クライマックス、激動の90分を目の当たりにするため雨のニッパツに行ってきました。J2の上位6チームがそれぞれ同時刻に対戦するという全体未聞の大混戦模様。緊張、油断、慢心、戦術、何かが悪かったという試合ではなく、ただただ外国人の飛び道具にやられた試合だったと思います。レアンドロドミンゲスの放つ弓矢がグッサグサ眉間に刺さった、そんな印象です。激しく喜んだり、激しく落ち込んだりと忙しい。週刊トリニータ躁鬱がディアゴスティーニから創刊されそうな日々です。不覚にもJ2を更に盛り上げる結果となりました。





屋根が全く無いスタジアムですから、雨だと急激に動員が落ちると思われ、無料招待券をばら撒くも空席が目立つ状態だけが残念でした。折角のJ2クライマックスだったので満員でやりたかったですね。スタッフが仕切りに「本日は満員」と席詰めを促していましたがアウェイ席横もガラガラ、ホームスタンド側もアウェイ側は余裕のある状態でアウェイ側スタンドを狭めたのがただの嫌がらせに映ってしまう。


スタメン、FW陣には異変が。三平、馬場、小手川のベテラン勢の1トップ2シャドーの組み合わせに戻る。藤本がベンチからも外れ、伊佐、林がベンチ入り。熾烈な競争なのか怪我なのかは今回も分かりませんがこの先発陣は前半苦しんだ印象。久々にベンチ入りしたGK修行の写真は撮りまくりました。





スポンサー関係者のご子息の方々(?)を風雨から守る中盤の選手達。職業病なのかついつい守ってしまう。









対峙する横浜FCは得点源であるイバを累積警告で欠くという願っても無い状況。ただ、この状況が我が軍にとって良かったのかどうか。特に191センチの戸島と185センチの瀬沼が入ってしまったことで球際での懐の深さが発揮されてしまい、かなりやりづらかったし、特に瀬沼が我が軍の左サイドに対して的確なポジショニングを欠かさず、守備を頑張り続けた結果、前半は左サイドからの攻撃を活性化出来なかった。







横浜FCは引いて守るというよりもなるべくDFラインを少し高めに設定して中盤を狭めて機動力が足りない前線の移動距離を少なくさせて守る形を敷いていた印象で、千葉に比べればハイラインというほどでもなく、ミドルラインくらいのDFラインの位置取りが絶妙。5番のDF田代が盛んにDFラインを設定し、身振り手振りで最終ラインに細かい位置取りの指示を出し続けていました。スペースがあるでもなく、ない訳でもなく、堅い試合の中で攻撃のスイッチを入れられない前半でした。前線の距離感が珍しく悪い状況が続いてしまいました。













後半最初から三平に代わって伊佐が投入されると、裏への意識が増したことで攻撃の意思統一感が出ました。最終ラインと駆け引きを続けた伊佐が右でボールを受けると上手く身体を入れ替えて抜け出しに成功、折り返しに馬場が走り込んで先制に成功。このゴールは魂が震えた。







伊佐がプレッシャーを跳ねのけて単独突破からの冷静な折り返し。それを走り込んで決めるキャプテン馬場。アウェイで雨の中、待望の先制点を奪えたことでどれだけ勇気づけられたことか。本当に素晴らしい先制点でした。一瞬J1がチラ見えした。8分間だけだったけれども。





ここから時間を使いながら、前がかりになる横浜FCの裏をスッとね、裏返して追加点を狙えれば良かったのですが、狙撃手ドミンゲスが本領発揮。ミドルシュート、FKとバスバスいやらしい所にボールを放ち続けて、立て続けに3失点。國分や後藤を投入して反撃を試みるも得点ならず、仕上げのカズを投入されて試合終了となりました。カズは出場するだけで記録更新してしまうキングオブレジェンド。







先制出来た試合だったので、少なくとも勝ち点1は持ち帰りたかったですがドミンゲスのキックの精度を目の当たりにしたら、何も言えないというのが現地からのご報告です。J1では神戸でポドルスキがDFを背負いながらゴールを決めていましたが、そういうレベルの選手達がこの業界には存在していて、それを前提にして守らなければならない局面へのケアが足りていなかった。ミドルシュートを打たせてはならないし、深い場所で余計なファウルをしてもならない。心に刻んでおきましょう。





本当に悔しい結果となってしまいましたが、当然、誰も何も諦めていないチームの雰囲気です。やはり最終節の残り10分までどこが抜け出すのか分からないシーズンです。負けはしたものの、残り2試合全部勝てば昇格出来る状況ではあります。今日でプレーオフの出場権までは獲得。全てがボーナスステージみたいなものなので、思い切って戦って欲しい。昇格の女神が微笑みかけたのは勘違いなのか?あの人絶対トリニータのこと好きだわって思ったのに、なにこの思わせぶりな運命。次でリーグ戦はホーム最終戦。沢山の応援で後押ししてあげたい。残り180分、勝ち点6を奪えるか。J2も最終局面!