2017年5月28日日曜日

2017年 明治安田生命J2リーグ 第16節 岡山戦

【大分 1 - 1 岡山】

DAZNで生観戦。日差しの強い大銀ドームは日陰を求めるバックスタンドの民と、直射日光を気にしない光合成できる民の思想闘争が繰り広げられる好天でした。日陰の方に人が集まってましたかね・・・。



岡山のレーダーチャートはインターセプトが行方不明。守備ブロックを築いて待ち構えて守るってことなのでしょう。実際に今日も両サイドが最終ラインに吸収され気味で5バックとなり、辛抱強く守ってワンチャンスを決める桃太郎カウンタースタイルを展開。怪我人が多いらしく、本来の力は発揮できていない印象。伊藤大介も見当たらず。



先発陣は山岸が左サイド、岸田が右サイドとなりました。ベンチに三平が帰還。CFが揃いつつある。前半はほぼトリニータが試合を制していて、ボールを保持して攻撃を構築できていましたが岡山の守備陣を打破することが中々できない。國分のミドルシュートや、伊佐のシュートがポストに跳ね返される惜しい場面もありましたが、得点には至らず。結果的にはこの前半を活かせなかったのが勝ちきれない要因となってしまいました。決められないと決められてしまう、J2あるあるの嫌な予感はありました。


後半の立ち上がり、早い時間に豊川の上手な落としから武田将平とかいう武田軍の武将っぽい選手に技ありのゴールを決められてしまう。これで一転、無理しない桃太郎軍に余裕が生まれてしまい、トリニータとしては苦しい展開に。カウンターが得意なチームに先制を許すという、最悪のパターンなのですが例年までと違うのは追いつく力があるということ。伊佐の反転ゴール、素晴らしかった。


三平も林も途中出場はしたものの、同点となってからは桃太郎軍にセカンドボールを拾われることが多くなり、苦しい時間帯が続いてしまった。特に三平はまだ試合勘みたいなものが戻っていない感じ。両軍追加点を奪うことが出来ずに痛み分けとなりました。前半のうちの決定力が悔やまれます。岡山の守備を打破して欲しかった。


なかなか結果が出ない状況になってしまってはいますが、それでも勝ち点を拾い続けているので我慢強く、ひとつひとつ積み重ねていきましょう。怪我人も戻って来ていますし、今のメンバーでもベースの質は落ちていないので我慢強く。来週も13時キックオフという過酷な状況で、水戸というハードワーカーと連戦になりますが前半戦ももう少し。

2017年5月21日日曜日

2017年 明治安田生命J2リーグ 第15節 町田戦

【町田 2 - 2 大分】



5月連戦の締めくくり、町田戦を観戦してきました。晴天に恵まれすぎて真夏に近いコンディションの中、気温も試合も熱い戦いとなりました。熱戦。



ゼルビアキッチンを遠目に観たかったので、ダイエットも兼ねて駅からトータル5キロ以上歩きました。ゼルビアキッチンはJリーグクラブが副業として経営する定食屋さんで、食育のノウハウもあるし、健康的なメニューを提供することを売りにしているはずなのですが、ここで食べてしまうと不健康なスタジアムグルメを堪能する余力がなくなるので通過。地元民じゃなきゃなかなか利用できなさげ。割とオシャレで良い感じでした。次のチャンスがあれば早起きしてチャレンジしたい。


2015年に入れ替え戦でJ3に降格した我が軍トリニータとしては、対戦相手だった町田に対して八つ当たり的であっても仕返しをしなければなりません。元々はろくに勝ち点も稼げず、入れ替え戦に回った自軍にしか問題は無く、個人的には町田よりも監督をしていた奴(※以下略)ということで、とにかく因縁が出来た相手ですから、こういう因縁を大切にしながら脈々と受け継ぎつつ、試合を楽しむ1つの要素にしていければ良いかなと、個人的には考えています。







バランスの良い健康的な食事なんかクソ食らえ状態ですが、町田の得点要素のレーダーチャートはバランス良く分散されており、若干セットプレーに強みはあるものの偏りは感じない結果になっています。4-4-2をベースにしぶとく守り、縦パスを起点にした堅守速攻のイメージです。相馬監督のサッカーはサイド攻撃に比重を置くイメージでしたが、長身FWを使った戦術に若干変わった印象を受けました。


対する我が軍は林がスタメンに復帰。そしてシャドーでは國分が初スタメン。サイドには岸田と黒木という配置。3バックとボランチ2人が安泰なら何とかなります。ベンチにはキャプテン山岸、伊佐とある程度連戦の疲労やダメージを考慮しての布陣だったと予想できます。



序盤からトリニータはボールを保持しながら攻撃を作れていました。町田の4バックはかなりラインの設定が高く、かつボールサイドに寄る傾向を上手く突いて、常にフリーになれる岸田、もしくは黒木の両ワイドへ向けた「逆サイドへの展開」ができれば即チャンスになっていました。真ん中から裏を取る動きもありましたし、チャンスの数は右から左から真ん中からと、多彩だった。トリニータの3バック3人も割と前線に正確に蹴れるし、鈴木(夏侯惇)が最終ラインまで下がって受ける4-1-5の形からも前線にボールが供給され、町田のコンパクトな布陣の後ろのスペースを狙っての攻撃がズバズバ決まっていました。だって前線に1人余るんだもの。



正確なシュートさえできれば得点出来そうな匂いがしていた前半19分、黒木がサイドから強引にシュートを放ち、GKが弾いてゴール。スタメン出場で結果を残しました。枠に飛べば何かが起きます。


このゴルゴ13的な黒木の眉毛が素晴らしい。アイマスクにプリントして黒木アイマスクとして商品化して欲しいレベル。この先制点で楽な展開に持って行けるかと思った矢先、セットプレーからの流れで失点して追いつかれてしまいます。プレー自体は運が無かったですが、もう少し落ち着いてボールを保持し続けるだけの時間帯に出来れば完璧な前半だったのに。



迎えた後半の立ち上がり、またもやセットプレーで失点。コーナーキックから決められてしまいます。この後すぐに、前半に厳しいファウルを受け続けた林を下げ、助っ人メジャーリーガー、イサを投入します。ここからイサが流れを強引に変える。コーナーキックでやり返すイサ。やられたらやり返す、倍返ししてくれたら最高だったけれども、そこから幾度も決定的なシーンはあれどもシュートは決まらず。危ないシーンもありつつ、勝ち点1で痛み分けとなりました。



エリアをコンパクトに保つ町田の4バック、サイドのスペースに何かしら対策を行うわけでもなく、どんなに裏を取られても下がらないDFライン、相馬監督の思想が色濃く生き渡ったチームに感じました。両監督の思想の真正面からのぶつかり合いがピッチ上で展開されてこその、この熱戦。とても面白かった。サイドを破られても中で跳ね返せば良い、というパンがなければケーキを食べれば良い的なマリーアントワネット的戦術。あれだけのサイドからのチャンスをゴールに繋げられたのは1点のみ。J1だったらどうなのかとか、実に興味深かった。それに対するトリニータの攻撃。あんなにサイドチェンジが出来るチームだったっけかな。今話題のジェフもラインを高めに設定しすぎるらしいので、ジェフとの対戦が楽しみになりました。



ジェフ繋がりのおまけですが、谷澤ですよ、谷澤。今日も一人だけ頭が大きいバランスのおかしい2頭身くらいの選手がいるなと思ったら谷澤選手で、試合の中で倒れながら両足でボールを挟んでキープしつつ、後ろ周りにでんぐり返しし始めた時は度肝を抜かれて魅了されました。あんなプレーの発想出てこない。やっぱり千葉で何度もでんぐり返ししたからだろうか。とんでもないファンタジスタっぷりだったけれども、この想いは世間一般には届かないかもしれない。サッカー界のカープ達川、谷澤。この男を観るだけでお金を払っても良いと思う。お客さん少ないのがもったいない。



もう一人ついでに裕大。偉大なるユース世代のキャプテン。ちょっとうざい感じの運動量ある中盤の選手の系譜は姫野にしっかりと受け継がれている。プロ選手としての旅を怪我に気を付けて続けて欲しい。うっかり動く本人の写真は撮り忘れました。



もう少し勝ち点を稼げたような気もする連戦でしたが、それ以上に、もうこのチームは余計な心配など要らず、どこまでやれるのか、それだけを楽しみに観れるチームになったと感じます。怪我人が多いことと、似た戦術を用いていた先輩格のJ1広島の状態が気になりますが、今シーズンはこのまま突っ走ってもらいたい。引き分けだったけれども、今日は明るい未来を観た気がする。ゴール裏もほぼ満席で素晴らしい。




2017年5月17日水曜日

2017年 明治安田生命J2リーグ 第14節 長崎戦

【長崎 2 - 1 大分】

勝ち点1は持って帰れそうな、内容ある試合だったと思います。しかし主審との折り合いがつかずに2度のPKに沈みました。撃沈。平日夜の試合、DAZNでの生観戦でしたが悔しい敗戦となりました。現地に行かれた謎のお仕事をしている皆さんはお疲れ様でした。



長崎は清々しいくらい得点源がセットプレー頼み。ピンク&ピンク。もうほぼセットプレー絡み。188センチの長身を持つファンマが出場していれば勝率が上がるという、ファンマ頼みの糞サッカー(※誉め言葉)を展開しています。各クラブがこのファンマに沈めらたのですが、それもそのはず、強いし上手い。そして高木監督が構築する守備。ファンマに大きな怪我さえなければ戦術ファンマでシーズンオフまで駆け抜けそうです。



連戦の中で誰か入れ替えるかと思われたスタメン陣。あ!川西がいない!怪我だと困るなぁなんて心配をよそにシャドーに入ってピンピンしており、スタメンフェイントに騙される。前節4点目に絡んだ前田が今季初先発。予想できない変更でしたが、川西は中盤から前で万能ネギ的に使えるのでピッチ上に置いておきたくなる心情なのでしょう。ベンチには久々に吉平翼が入っており、坂井大将が代表に出張中とあって若手にとってはチャンス到来。


しかし前半は我慢の展開でした。我慢&我慢。長崎が前半に飛ばし過ぎただけっていうのは後半以降に判明するのですが、長崎は前節千葉に大敗をした後とあって気合い十分。最後の精度が足りないだけで内容は圧倒、トリニータのビルドアップを分断し、あと少しで得点という場面を多く作り出していました。ただ、試合巧者の雰囲気さえ漂い始めたトリニータは何度もあった長崎お得意のセットプレー、コーナーキックのピンチもしのぎ切り、0-0での折り返しに成功しました。


割とギリギリセーフだった前半でしたが、後半は長崎の運動量が落ち、川西をボランチに下げてポゼッション比率も高めになり、ジワジワとゴールに迫ります。右サイドで受けたファウルによるセットプレーから竹内が遂にゴールを決め、先制に成功します。セットプレーでの竹内の待望の得点が決まったことは良かった。ようやく、といった感じ。この時はどこの常勝軍団だよってくらいの勝負強さに信じられない思いでしたが、今日は試合を終わらせられませんでした。


1回目のPKはファンマの足元に対するファウル。これはまだ我慢できた。2回目を吹くのは中々無いことだと思うのだけれども、やっぱりセットプレーで得点を重ねてきただけあって、長崎の選手達は倒れ方が上手い。岩田の足はボールに先に触っていたし、アディショナルタイムに2回目の笛を吹くレベルの明確さは無いと思うんだけれども、コーナーキックを得ることも、ファウルを受けることも仕事になっており、あれが今の長崎のサッカーなのである。


上福元はよく2回目のPKを止めてくれたけれども、出し抜いてどさくさに紛れてキッカーが蹴る前にペナルティエリア内に入るほどの図太さや、それを指摘してゴールを無効化させる冷静さを持つ選手もピッチ上には居なかったので2点目を決められてしまった。ちょっと、真面目過ぎた部分につけ込まれた感じの敗戦。


敵も必死で這い上がり、生き残ろうとするJ2で、我が軍はかなり紳士的に戦い続けていると感じています。去年から継続的に真面目で愚直で余計な警告が著しく少なく、私はそれを誇らしいと感じている。このスタイルで勝ち点を重ねることが誇らしい。負けたけれども、最低勝ち点1は欲しかったけれども、日曜日にはリベンジを果たさねばならない町田との戦いが待っている。前を向かなければならない。連戦の終止符は勝利で締めくくりたい。